ぶらり探蝶記

オレンジ狂想曲

5月28日 夜明け前から車を走らせ信州に向かう。白み始めた空に、雲がたなびく中央アルプスがシルエットで浮かぶ。深山の幻想的な風景に心洗われる。6時半、友人と合流し北アルプス北部に向かう。ポイント入口到着と同時にウスバシロチョウが舞う。サカハチチョウが多く舞う林道を登っていく。天候は絶好、残雪の北アルプスの景色は最高、期待膨らむが現れるのはヤマトスジグロシロチョウばかり。ここを諦め、場所を移動する。有名ポイントは今週も人だかり。ここでようやくクモマツマキチョウに出会う。♂、♀とも現れると同時に多数のカメラマンが纏わりつき、まさに狂想曲。お祭り騒ぎである。傍らを通る観光客や登山者、スキーヤーも訝しそうに見つめながら通り過ぎる。しかし、この蝶の魅力は人の目なんか気にさせない。汗だくになりながら、息を切らして走り回り蝶を追う。網を持って夢中で蝶やトンボを追った子供の頃そのままである。睡眠不足や長距離ドライブもなんのその、素晴らしい景色と美しいオレンジの妖精に心満たされた1日を過ごした。

以下 クモマツマキチョウ
f0211980_22585290.jpg

f0211980_22592733.jpg

f0211980_22594635.jpg

f0211980_2301166.jpg

f0211980_230338.jpg

f0211980_2304914.jpg

f0211980_2311274.jpg

f0211980_2313251.jpg

f0211980_2315282.jpg


ヤマトスジグロシロチョウ
f0211980_23255100.jpg


コツバメ
f0211980_2333389.jpg


サカハチチョウ
f0211980_234810.jpg


ニホンザルの親子
f0211980_2344353.jpg


新緑と残雪の爺ヶ岳
f0211980_2351169.jpg

[PR]
by temenos | 2017-05-29 23:08 | 2017年 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2017-05-31 09:41 x
その節はお世話になりました。
おかげさまでオスの撮影ができました。
さすがに素晴らしい写真が並んでいますね。
帰りは大丈夫でしたか。
こちらは、上信越道と関越道で自己渋滞に会い、やっとのことで帰り着きました。
Commented by temenos at 2017-05-31 22:41
ダンダラさん
コメントありがとうございます。
こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。
お久しぶりにダンダラさんご夫妻にお会いできて嬉しかったです。クモツキの♂が出てきてくれて良かったですね。
帰りの名古屋方面の高速は全く渋滞なく快適でした。
また何処かのフィールドでお目にかかれる日を楽しみにしています。