ぶらり探蝶記

証拠写真な一日

6月10日 前日から兵庫入り、朝6時にピックアップしてもらい但馬に向かう。目的は羽化直後のヒサマツミドリシジミの観察。渓谷のウラジロガシを叩いて回るも姿なし。場所を大きく変え、稜線のウラジロガシを叩いて回るもここも姿がない。両箇所とも前年秋に産卵が確認された場所。やや時期が早かったのか?仕方なく山頂部に向かい、フジミドリを探すもスレたウラクロとアカシジミを確認したのみ。じっとブナを見上げて待ったり、探し回ってみたり。ようやくフジミドリの♂が1頭姿を見せるも、止った場所が遠く高いので証拠写真のみ。最初に見つけたウラクロも角度悪く、証拠写真のレベル。昼過ぎに諦めて場所を移動し、次の撮影に向かう。天候はまずまず、じっと主役の登場を待つが、2回ほど通り過ぎて行っただけで撮影のチャンスは全くなし。タイミングなのか、日頃の行いのせいなのかわからないが、全て裏食った感じの一日であった。まぁ、自然が相手だから当然こんな日もある。


ウラクロシジミ
f0211980_224441.jpg


アカシジミ
f0211980_22441976.jpg


フジミドリシジミ
f0211980_22451133.jpg


ツバメシジミとベニシジミ
f0211980_22454288.jpg


ツバメシジミ
f0211980_22455763.jpg


ムラサキシジミ
f0211980_22461534.jpg

[PR]
by temenos | 2017-06-10 22:47 | 2017年 | Comments(0)