ぶらり探蝶記

2打席連続三振

6月17日 羽化直後のヒサマツミドリシジミ観察のため、今週は一人で滋賀県の深い渓谷に向かう。フリークの会メンバーから当地では少し早いのではないかとの意見もあったが、出ていれば正に羽化直であろうと空振り覚悟で探索を開始する。林道脇のウラジロガシをしらみつぶしに探して回るが、全く姿を見ない。ゼフはウラクロが3頭、アカシジミが2頭のみ。イチモンジチョウやミスジチョウ、ウラギンヒョウモンなどが花の周りを飛び交う。あきらめかけた午後3時、20mほど先のウラジロガシの樹冠で緑色の輝きを発見する。ゼフ♂が、誇らしげに開翅していたのだが、カメラの準備に手間取り撮影のチャンスを逃す。ヒサマツであろうと推定するが、種も同定できず。今週も羽化直後の個体の観察の難しさを実感する。

ヒオドシチョウ
f0211980_23205644.jpg


ウラギンヒョウモン
f0211980_23212338.jpg


アカタテハ
f0211980_23214177.jpg


テングチョウ
f0211980_23221912.jpg


イチモンジチョウ
f0211980_23225411.jpg


トラフシジミ
f0211980_2323167.jpg


ヒカゲチョウ
f0211980_23233751.jpg

[PR]
by temenos | 2017-06-19 23:27 | 2017年 | Comments(0)