ぶらり探蝶記

カテゴリ:2017年( 14 )

秋高し

9月23日24日 両日ともヒサマツフリークの会メンバーと但馬にヒサマツミドリシジミの産卵行動の観察に向かう。23日は、天候がはっきりせず晴れたり曇ったり。稜線の産卵場所でのヒサマツは不活発。晴れるとウラジロガシの枝先をチラチラ飛び、産卵行動を見せる。観察していた一本のウラジロガシには、4頭以上が飛来した。正午過ぎ、雲が厚くなったので、播磨に取って返しウラギンスジヒョウモンの観察に向かう。生息地ではサワヒヨドリ、オミナエシ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、萩などが咲き誇り、里山の景観を彩る。ウラギンスジヒョウモン、メスグロヒョウモン、ツマグロヒョウモン、ツバメシジミ、ルリシジミ、モンシロチョウ、キタキチョウ、イチモンジセセリなどが飛び交い当に秋真っ盛り。夜はフリークの会メンバーと酒を酌み交わして今後の活動の打ち合わせを行う。24日、昨日と同じ但馬の稜線に向かう。朝から青空が広がり、風弱く絶好のヒサマツ♀日和。現地には、9時過ぎに到着、早速ヒサマツ♀が飛び出すが、昨日と打って変わり、飛翔のスピードが速い。しかし、活動したのは一瞬だけで、何も飛ばない時間が過ぎていく。昨日より、はるかに条件がよいのに不思議なものである。11時過ぎからようやく活発に飛来するようになる。休眠芽に腹部を押し付け、産卵しているようであったが、実際に産卵したかどうかは確認できず。昨日と同じ個体も数頭確認する。2時過ぎ、本日も雲が厚くなり撤収する。

ヒサマツミドリシジミ♀
f0211980_22093327.jpg
f0211980_22100147.jpg
f0211980_22103699.jpg
f0211980_22114280.jpg
f0211980_22122616.jpg
f0211980_22130821.jpg
f0211980_22151700.jpg
f0211980_22160242.jpg
f0211980_22163518.jpg

ウラギンスジヒョウモン♀
f0211980_22170780.jpg
f0211980_22175304.jpg
f0211980_22183383.jpg

メスグロヒョウモン♀
f0211980_22190383.jpg


[PR]
by temenos | 2017-09-24 22:22 | 2017年 | Comments(4)

信州の夏

夕日に浮かぶ松本城
f0211980_20461850.jpg
8月11日12日 毎年恒例になった夏の信州家族旅行。乗鞍高原、美ヶ原、松本市内と巡る。残念ながら天候は曇りがち。美ヶ原では通り雨だったが、大雨でずぶぬれになる。それでも、合間合間にそこそこの蝶と出会う。撮りたかったマツムシソウとクジャクチョウの写真は今年も撮れなかった。

ミドリヒョウモン♂
f0211980_20522548.jpg

アカセセリ♂
f0211980_20531728.jpg

コキマダラセセリ♀
f0211980_20533914.jpg

ヒメシジミ♀
f0211980_20525366.jpg

ウラギンヒョウモン♀
f0211980_20540432.jpg

キベリタテハ
f0211980_20552890.jpg
f0211980_20575348.jpg

クロツバメシジミ♂
f0211980_21005658.jpg
f0211980_21011736.jpg

コムラサキ♂
f0211980_20542950.jpg


イチモンジセセリとサギソウ(8月19日 豊田市)
f0211980_21013695.jpg





                          


[PR]
by temenos | 2017-08-21 21:11 | 2017年 | Comments(2)

実り多き日

8月5日 深夜の時間帯から北アルプスに向かう。狙いは真夏の深山と高原の蝶。6時前に最初のポイントに到着、先行者はいない。当地の天気予報は曇りであったが、どうやら予報は外れてピーカンの様相。急な斜面の上部に朝日が当たり始め、日が昇るとともに日照箇所が斜面を降りてくる。周辺が光に包まれると同時にジョウザンミドリシジミのテリ張りが始まる。この場所ではいつもの事、さすがにスレ個体ばかりであるが元気に飛び回り、メスアカのように延々と卍を繰り返している。お目当ての一つであるコヒオドシが、オオゴマシジミより先に登場する。本日、このポイントに採集者は来ず、たった?5名の撮影者でオオゴマシジミの飛来を待つ。8時、ようやく1頭のオオゴマシジミが現れ、賑やかしい撮影会が始まる。8時50分頃、もう1頭が飛来し、見えない箇所で絡んだと思ったら、瞬く間に交尾が成立していた。50分程で交尾は解け、♂は飛び去ったが、残った♀の開翅を、これまたみんなで賑やかしく撮影し、満足感と共にゴマシジミのポイントへ向かう。天気はさらに良くなっていく。曇り空の下で、しっとりとしたゴマシジミの開翅を撮影するという目論見の達成が難しくなる。やはり、ゴマシジミは飛び回るばかりであったが、幸運にも産卵中の♀に求愛する青い♂を撮影することができた。ムモンアカシジミは発生し始めなのか数が少ない。ヒョウモンチョウは、さすがにスレ個体ばかりで撮影意欲が湧かない。この他、アカセセリ、スジグロチャバネセセリ、エルタテハ、オオミスジ、ホシミスジなど多くの蝶を見かけた。久しぶりに旧知の撮影仲間とも楽しい時間を過ごすことが出来、今年一番の充実した1日であった。



コヒオドシ
f0211980_19170463.jpg

オオゴマシジミ
f0211980_19203185.jpg
f0211980_19212771.jpg
f0211980_19215386.jpg
f0211980_19221656.jpg
f0211980_19223765.jpg
f0211980_19225291.jpg

エルタテハ
f0211980_19233696.jpg

ジョウザンミドリシジミ
f0211980_19235676.jpg

ゴマシジミ
f0211980_19241885.jpg
f0211980_19243970.jpg
f0211980_19245309.jpg
f0211980_19250967.jpg


ムモンアカシジミ
f0211980_19252418.jpg

スジグロチャバネセセリ
f0211980_19254246.jpg

アカセセリ
f0211980_19260264.jpg
f0211980_19261869.jpg

オオミスジ
f0211980_19263990.jpg

ホシミスジ
f0211980_19265310.jpg






[PR]
by temenos | 2017-08-07 19:34 | 2017年 | Comments(4)

外れ年

7月28日29日 金土の両日とも至高の煌きをカメラに収めたく鈴鹿に通う。ここ数年、ここのキリシマミドリシジミは不作で外れ年が継続していた。現地は、滋賀県側は晴れ時々曇りの状態だが、湿った気流のぶつかる三重県側は、深いガスの中。アカガシを叩いて回ると、キリシマミドリシジミが飛び出す。目的のポイントまでに合計5頭以上の飛び出しを見る。近くに降りてきた新鮮な♀を撮影し、今年はかなりの発生数のようだと、意気揚々にポイントで待つ。しかしながら、ガスが常に立ち込める状態。ようやくガスがとれても長続きせず、一向に♂は飛ばない。午後2時過ぎに諦めて帰りかけた頃、晴れ間が出て♂が飛び始める。アカガシの叩き出しでも♂が飛び出すが、近くには降りてこず撮影は叶わず。ボロのエゾミドリシジミの♀がアカガシから飛び出す。29日、昨日よりは天気予報が良かったので、早朝から再チャレンジ。土曜日にもかかわらず、ポイントには誰もいない。晴れ間が出てきて期待が高まるも、これからという午前8時過ぎに再びガスがかかり、ついには雨が降り出す。しかも本降りの雨。雨宿りに入った木陰でヤマビルの猛攻に会い、我慢できずに撤収する。蝶は確かに発生しているのだが、今年はこんな巡りあわせが多い。条件がいい時にフィールドに出られず、フィールドに出た時は条件が良くない。よくよく考えれば、蝶ではなく、自分自身が外れ年なのだと気付く。


キリシマミドリシジミ♀
f0211980_23585592.jpg


エゾミドリシジミ♀
f0211980_23592821.jpg

[PR]
by temenos | 2017-08-01 00:02 | 2017年 | Comments(0)

カルスト台地の蝶

カルスト台地
f0211980_19265055.jpg

7月13日 珍しくポッカリ空いた仕事の予定、ここぞとばかり有休を取り早朝からカルスト台地へ向かう。お目当ては勿論、オオウラギンヒョウモン、それも雄大な♀である。9時前に現地着、晴れて暑い。広大な台地の散策路を歩くと、朝露にズボンの裾がずぶぬれになる。散策路脇の黄色い花にヒョウモンの姿、早速オオラギンヒョウモンである。しかしながら、オオボロ、オオスレの♂ばかり。適期だと思ってきたのだが、新鮮な時期を外したようである。それでも、大きく鮮やかな♀を見つける。この♀は非常に敏感で、カメラを構える間もなく草原に飛び去る。おお~、いたいた!この時はこれくらいしか思わなかった。時間はタップリある、待っていれば出てくるだろうと。ところが、待てど暮らせど、草原内を歩き回っても一向に♀は姿を見せない。♂は結構な数が飛んでいるのに、どうしたことか?すでに夏眠に入ったのか?遮るものの少ない炎天下の草原内で歩き回り、疲労とストレスばかりが蓄積する。仕方なく比較的綺麗な♂を選んで撮影する。草原内はジャノメチョウ、オオチャバネセセリが多い。たまにギンイチモンジセセリが横切って行く。林縁ではイシガケチョウが軽やかに飛んでいる。クヌギの疎林でクロシジミを撮影する。結局、オオウラギンヒョウモンの♀は最初に見た切りで、再び姿を見せてくれることは無かった。

以下 オオウラギンヒョウモン♂
f0211980_19455740.jpg

f0211980_19461790.jpg

f0211980_19464155.jpg

f0211980_1947742.jpg

f0211980_1947331.jpg

f0211980_19475622.jpg

f0211980_19482081.jpg

f0211980_19484372.jpg

f0211980_194991.jpg

f0211980_19493211.jpg


ツマグロヒョウモン♂
f0211980_19501948.jpg


ツマグロヒョウモン♀
f0211980_19504612.jpg


クロシジミ♀
f0211980_19512267.jpg


クロシジミ♀
f0211980_19515150.jpg


ジャノメチョウ♂
f0211980_19521592.jpg


ダイミョウセセリ
f0211980_19525610.jpg


オオチャバネセセリ
f0211980_19533052.jpg


キアゲハ
f0211980_19535939.jpg

[PR]
by temenos | 2017-07-13 19:54 | 2017年 | Comments(0)

中国山地南限のブナ林から

中国山地南限のブナ林
f0211980_21322285.jpg

7月2日 ヒサマツミドリシジミの生態調査で、中国山地南限のブナ林に向かう。途中、上流にダムのない清流の美しさに心奪われる。ヒサマツの生息する山に上がる途中、その渓谷の深さ、植生の豊かさに懐かしさと嬉しさを感じる。山頂部のブナ・ミズナラ林も下草が豊かで、本来の状態を保っている。この山塊には、シカの食害が及んでいないようである。少し前までは、どこでもこのような豊かな植生であったのであろうが…。さて、山頂部に到着するも、全くの曇り空で時折ガスに包まれる状態。こんな中でも、ジョウザンミドリシジミはテリ張りを行っている。しかし、数は非常に少なく、確認できたのは3頭だけ。ヒサマツがテリを張りそうなブナ林の一角で、じっと待つ。しかしながら、天候の回復が望めそうにないため仕方なく下山し、カシワアカシジミ(ミナミアカシジミ)の生息地に向かう。午後3時現地に到着するが、草原は草刈りが入らなくなったため、灌木が生い茂り荒れ放題。カシワやクヌギは大木が多く、その大木の周りには無数の踏み跡。かなりの数の採集者もしくは撮影者が入ったと思われる。踏み跡の新しさから昨日今日のことであろう。過去、湿地がありヒメヒカゲやヒメシジミが生息していた場所は、畑や牛舎になり、なにもいない。ようやく畑脇のカシワから、ウスイロオナガシジミが飛び出す。極めて新鮮、羽化間もない個体であろう。ここで確認できたゼフはこの一頭のみ。時期?場所?これだけの数のカシワとクヌギでどうして?もっと探索したかったが、残念ながら時間切れ。ヒサマツミドリの交尾・求愛活動の撮影、カシワアカシジミの冠高原亜種の撮影とも夢と終わる。

ジョウザンミドリシジミ♂
f0211980_21285665.jpg


ゴイシシジミ
f0211980_2129146.jpg


ヒメキマダラヒカゲ
f0211980_21293836.jpg


サツマシジミ♂
f0211980_21295989.jpg


サツマシジミ♀
f0211980_21301580.jpg


ウラナミシジミ♀
f0211980_21304789.jpg


スジグロシロチョウ♂
f0211980_21311169.jpg


ムラサキシジミ♀
f0211980_21313787.jpg


ウラギンヒョウモン♂
f0211980_21324326.jpg


ウラギンヒョウモン♀
f0211980_2133149.jpg


ウスイロオナガシジミ
f0211980_21332179.jpg


ルリタテハ
f0211980_21333980.jpg

[PR]
by temenos | 2017-07-02 21:41 | 2017年 | Comments(0)

2打席連続三振

6月17日 羽化直後のヒサマツミドリシジミ観察のため、今週は一人で滋賀県の深い渓谷に向かう。フリークの会メンバーから当地では少し早いのではないかとの意見もあったが、出ていれば正に羽化直であろうと空振り覚悟で探索を開始する。林道脇のウラジロガシをしらみつぶしに探して回るが、全く姿を見ない。ゼフはウラクロが3頭、アカシジミが2頭のみ。イチモンジチョウやミスジチョウ、ウラギンヒョウモンなどが花の周りを飛び交う。あきらめかけた午後3時、20mほど先のウラジロガシの樹冠で緑色の輝きを発見する。ゼフ♂が、誇らしげに開翅していたのだが、カメラの準備に手間取り撮影のチャンスを逃す。ヒサマツであろうと推定するが、種も同定できず。今週も羽化直後の個体の観察の難しさを実感する。

ヒオドシチョウ
f0211980_23205644.jpg


ウラギンヒョウモン
f0211980_23212338.jpg


アカタテハ
f0211980_23214177.jpg


テングチョウ
f0211980_23221912.jpg


イチモンジチョウ
f0211980_23225411.jpg


トラフシジミ
f0211980_2323167.jpg


ヒカゲチョウ
f0211980_23233751.jpg

[PR]
by temenos | 2017-06-19 23:27 | 2017年 | Comments(0)

証拠写真な一日

6月10日 前日から兵庫入り、朝6時にピックアップしてもらい但馬に向かう。目的は羽化直後のヒサマツミドリシジミの観察。渓谷のウラジロガシを叩いて回るも姿なし。場所を大きく変え、稜線のウラジロガシを叩いて回るもここも姿がない。両箇所とも前年秋に産卵が確認された場所。やや時期が早かったのか?仕方なく山頂部に向かい、フジミドリを探すもスレたウラクロとアカシジミを確認したのみ。じっとブナを見上げて待ったり、探し回ってみたり。ようやくフジミドリの♂が1頭姿を見せるも、止った場所が遠く高いので証拠写真のみ。最初に見つけたウラクロも角度悪く、証拠写真のレベル。昼過ぎに諦めて場所を移動し、次の撮影に向かう。天候はまずまず、じっと主役の登場を待つが、2回ほど通り過ぎて行っただけで撮影のチャンスは全くなし。タイミングなのか、日頃の行いのせいなのかわからないが、全て裏食った感じの一日であった。まぁ、自然が相手だから当然こんな日もある。


ウラクロシジミ
f0211980_224441.jpg


アカシジミ
f0211980_22441976.jpg


フジミドリシジミ
f0211980_22451133.jpg


ツバメシジミとベニシジミ
f0211980_22454288.jpg


ツバメシジミ
f0211980_22455763.jpg


ムラサキシジミ
f0211980_22461534.jpg

[PR]
by temenos | 2017-06-10 22:47 | 2017年 | Comments(0)

清涼

6月4日 とある種の今後の調査の事もあって、岐阜・滋賀の県境付近を探索してみる。渓谷沿いではあちこちでミツバウツギやアザミが咲き誇っている。快晴だが、風が強く気温が低いせいなのか、見かける蝶の種、数とも非常に少ない。山里ではウスバシロチョウをチラホラ見かける程度。クロ系アゲハはクロアゲハとカラスアゲハ、モンキアゲハを見かけたくらい。サカハチチョウはボロの1頭のみ。イチモンジセセリ初見。仕方ないので休業中の宿泊施設横の空き地でモンキチョウと戯れる。西濃から滋賀県北部をぐるっと一周して、環境はそこそこ理解できたが、果たしてこれからの成果は如何に?

クロアゲハ
f0211980_2216812.jpg


以下 モンキチョウ
f0211980_22163647.jpg

f0211980_22165074.jpg

f0211980_2217947.jpg

f0211980_22172874.jpg

f0211980_22174213.jpg


ショウジョウトンボ
f0211980_22175820.jpg


琵琶湖
f0211980_22181482.jpg

[PR]
by temenos | 2017-06-05 22:21 | 2017年 | Comments(0)

オレンジ狂想曲

5月28日 夜明け前から車を走らせ信州に向かう。白み始めた空に、雲がたなびく中央アルプスがシルエットで浮かぶ。深山の幻想的な風景に心洗われる。6時半、友人と合流し北アルプス北部に向かう。ポイント入口到着と同時にウスバシロチョウが舞う。サカハチチョウが多く舞う林道を登っていく。天候は絶好、残雪の北アルプスの景色は最高、期待膨らむが現れるのはヤマトスジグロシロチョウばかり。ここを諦め、場所を移動する。有名ポイントは今週も人だかり。ここでようやくクモマツマキチョウに出会う。♂、♀とも現れると同時に多数のカメラマンが纏わりつき、まさに狂想曲。お祭り騒ぎである。傍らを通る観光客や登山者、スキーヤーも訝しそうに見つめながら通り過ぎる。しかし、この蝶の魅力は人の目なんか気にさせない。汗だくになりながら、息を切らして走り回り蝶を追う。網を持って夢中で蝶やトンボを追った子供の頃そのままである。睡眠不足や長距離ドライブもなんのその、素晴らしい景色と美しいオレンジの妖精に心満たされた1日を過ごした。

以下 クモマツマキチョウ
f0211980_22585290.jpg

f0211980_22592733.jpg

f0211980_22594635.jpg

f0211980_2301166.jpg

f0211980_230338.jpg

f0211980_2304914.jpg

f0211980_2311274.jpg

f0211980_2313251.jpg

f0211980_2315282.jpg


ヤマトスジグロシロチョウ
f0211980_23255100.jpg


コツバメ
f0211980_2333389.jpg


サカハチチョウ
f0211980_234810.jpg


ニホンザルの親子
f0211980_2344353.jpg


新緑と残雪の爺ヶ岳
f0211980_2351169.jpg

[PR]
by temenos | 2017-05-29 23:08 | 2017年 | Comments(2)