ぶらり探蝶記

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

盛夏の札幌~蝶の季節は終盤へ~

7月28日 真夏日を記録した札幌。オオイチの♀を撮影したくて南区の林道に向った。その前に「アイノの広場」にちょっと寄り道。広場で最も多いのはカラスシジミ、次いでなんとアカシジミ。広場中央でボロのジョウザンミドリ1頭がテリを張っている。アイノの♂は少数が下草で吸水中、やはりこれも歴戦の勇士のスレ個体ばかりで♀の数も少ない。ウラキンはまだ元気なようで、チラチラ飛び出す。ここでは、他にウスイロオナガシジミ・エゾミドリシジミ・ミズイロオナガシジミ・ウラゴマダラシジミを見る。オオヒカゲは全く止まらず撮影は叶わず。オオムラサキもスレ個体ばかり。ジャノメチョウ初見。トラフシジミの夏型を撮影する。オオモンシロも数を増している。林道では、シータテハ・コムラサキ・クジャクチョウ・サカハチチョウ・ミドリヒョウモンが多い。オナガシジミ初見、多くの個体がオニグルミの周辺に止まっている。昨年と同じ場所でヒグマの糞に群がる多数のキバネセセリを見る。ヒグマの糞は新旧2箇所、ここはヒグマの通り道なのであろう。林道もアカシジミが多い。アイノ・ジョウザン・エゾミドリ・ウラキンもポツポツ見かける。結局、オオイチモンジは「アイノの広場」で超破損の♂を見かけたのみで、♀は現れず。帰り際にベニヒカゲを撮影する。シーズンの終盤を告げるジャノメチョウ・オナガシジミ・ベニヒカゲを一度に見た。蝶の数は多いが、一抹の寂しさを覚えながら撤収する。 (各画像はクリックすると拡大表示します)

ジョウザンミドリシジミ  1頭だけテリを張っていた。歴戦の勇士である。↓
f0211980_22274851.jpg


アイノミドリシジミ これも傷を持つ歴戦の勇士。↓
f0211980_22275854.jpg


ジョウザンミドリシジミ  下草で開翅する♀。↓
f0211980_2228713.jpg


アイノミドリシジミ  開翅する♀、赤斑が発達した個体が多い。↓
f0211980_22281694.jpg


エゾミドリシジミ  下草に止まる♀、今年もまともに♂の開翅が撮影できなかった。↓
f0211980_22283167.jpg


アカシジミ  最も早く現れたゼフなのにスレ個体ばかりとは言え、この多さは何だろう。ビークマークをつけた個体。↓
f0211980_22284236.jpg


カラスシジミ  これだけハルニレがあれば多いのは当然だが、メチャクチャいるという感じ、葉裏に色あせたアカシジミが休む。↓
f0211980_22285778.jpg


ウラキンシジミ  ♂はスレているが、♀はまだ新鮮な個体が多い。↓
f0211980_222968.jpg


オナガシジミ  一気に発生してきた。北海道ではオニグルミがあれば、比較的簡単に見つかる。↓
f0211980_22292419.jpg


オオモンシロチョウ  モンシロより一回り近く大きいように感じる。7月後半になって、数を増してきた。↓
f0211980_22293581.jpg


ジャノメチョウ  本州では盛夏の訪れを告げる蝶、北海道では蝶の季節の終盤を告げる蝶である。↓
f0211980_22294776.jpg


ベニヒカゲ  これも姿を見るとシーズンも終盤戦だなと感じる。まだ新鮮な個体。↓
f0211980_223011.jpg


キバネセセリ  約50頭が、ヒグマの糞に群がる。他の蝶は全く来ていない。↓
f0211980_2230111.jpg


コムラサキ  多数が林道上で吸水していたが、表翅のきれいな紫を表現するのは難しい。↓
f0211980_22302221.jpg


オオムラサキ  もうすでにスレ個体がほとんど。これは藻岩下で撮影。昨年ほどではないが、多数の本種が滑空している。↓
f0211980_22303315.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-28 22:50 | 2012年

曇天の一の沢~ウラキンシジミ~

7月22日 お昼に東京出張から戻り、まずは西岡公園へ向う。曇天で気温低く、クロヒカゲ・コムラサキ・クジャクチョウ・シータテハ・カラスシジミを見るのみ。お目当てのオオヒカゲは全く姿を現さない。ゼフも全く見かけないので一の沢へ移動する。時間はすでに3時半、林道では吸水に降りたアイノ♂が開翅していたが、いい角度をと欲張ったばかりに飛び立たれてしまう。コムラサキも新鮮な個体が吸水にきていたが、これもいい角度を欲張り、アイノと同じ失敗を繰り返す。渓谷上の樹冠を7~8頭のゼフがキラキラ卍飛行や追尾飛行している。時間的にエゾミドリであろう。しかし、距離が遠く、300mmも車においてきたので、これも撮影は叶わず。帰り際にようやく、お目当てのウラキンシジミが2頭現れてくれる。活動前の休息なのか、非常に不活発。腹部のシマシマも可愛い。撮った写真はウラキンのみ、これだけでは寂しいので7月8日以降の未掲載種なども掲載する。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ウラキンシジミ  ひっそりと木陰に佇む。↓
f0211980_22103274.jpg


ウラキンシジミ  腹部のシマシマ模様は、とても可愛い。↓
f0211980_22103986.jpg


オオミドリシジミ  7月16日銭函にて。吸水しながら全開翅。残念ながらかなりのスレ個体。↓
f0211980_22104870.jpg


ジョウザンミドリシジミ  7月8日西野にて。北海道産の本種は後翅白帯が外縁に向って流れる傾向にある。↓
f0211980_2211715.jpg


キバネセセリ  7月8日銭箱にて。クサフジで吸蜜。この時期、山麓に行けばいたるところで多くの本種が飛び交う。↓
f0211980_22111556.jpg
 
[PR]
by temenos | 2012-07-22 22:19 | 2012年

三たび銭函へ~多彩なシジミチョウたち~

7月16日 鳴呼っっ、今日も証拠画像のdaronさんをご案内して銭函海岸を訪れる。狙いはウラミスジシジミなどのゼフ達。今年は発生が早かったので、新鮮な個体が撮影できるか不安であったが、少数ながら新鮮個体も混じりまずまずの成果であった。多数発生したキタアカシジミは、さすがに大きく数を減らしている。ハヤシミドリ、ウラジロミドリは多く、カシワを叩けば、どの個体を追えばいいのかわからなくなる程ワッと飛び出す。ウラミスジとウスイロオナガは発生が少ないようだ。当地でアイノミドリとオオミドリを確認する。この地で確認したゼフは合計9種、アカシジミも混生していれば10種生息していることになる。ハヤシミドリやオオミドリ、ジョウザンミドリなど、開翅していれば同定がややこしい。カシワの下草にひっそりと静止するゴイシシジミをdaronさんが発見する。北海道で本種を確認したのはこれが初めてである。所用のため、午前中で切り上げ撤収する。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ハヤシミドリシジミ  とにかく多い、これだけいれば開翅撮影も難しくない。ハヤシ本来のマリンブルー。↓
f0211980_2129385.jpg


ウラジロミドリシジミ  全開翅する♂。羽化直後なのか、ウラジロ本来の色より青が濃い。↓
f0211980_2129463.jpg


ウラジロミドリシジミ  カシワの葉上でV字開翅する。ウラジロ本来のサファイアブルーが美しい。↓
f0211980_2129548.jpg


ウスイロオナガシジミ  下草のススキで開翅する。↓
f0211980_21301052.jpg


ウラミスジシジミ  通常型、北海道では少ない。↓
f0211980_21301929.jpg


ウラミスジシジミ  シグナータ型、銀白条の乱れ方は個体差が激しく面白い。↓
f0211980_21302551.jpg


アイノミドリシジミ  多数のハヤシに混じってテリ張りしていた。これは吸水に降りてきた個体。金緑色がちらりと覗く。↓
f0211980_21303579.jpg


ルリシジミ  ウラゴではありません、ルリシジミの♀がV字開翅する。↓
f0211980_21304494.jpg


ゴイシシジミ  北海道では少なく、ここに生息していることに驚く。↓
f0211980_2130511.jpg


ツバメシジミ  なんと今年初見、どうして見れなかったのだろう。↓
f0211980_2131666.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-16 21:45 | 2012年

然別湖から層雲峡~大雪の懐で~

7月14日~15日 家族サービスで然別湖から層雲峡へ1泊ででかける。あわよくばカラフトルリシジミの撮影をと企んでいたが、当然のごとく大雪に登る時間はとれずに企ては失敗に終わる。然別湖から三国峠にかけてはホソバヒョウモンが多数飛んでいる。シロオビヒメヒカゲとカラフトタカネキマダラセセリは終盤で、特にカラタカは三国峠の高所で見かけたのみ。それでも今シーズンの撮影はあきらめていただけに嬉しい出会いである。コヒオドシやギンボシヒョウモンは多く、ベニヒカゲやクモベニはまだのようである。三国峠から大雪湖にかけては多くの採集者と出会う、オオイチ狙いなのであろう。北国の蝶のシーズンも一気に後半戦である。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ウラジャノメ  道東道のパーキングでフラフラ飛んでいた。↓
f0211980_2111372.jpg


シロオビヒメヒカゲ  然別湖畔で。スレ・ボロ個体多し。↓
f0211980_21121100.jpg


ホソバヒョウモン  まだまだ健在である。。特に幌鹿峠で多く舞っていた。↓
f0211980_2113386.jpg


ミドリヒョウモン  公園のお花畑で。↓
f0211980_2114531.jpg


ウラギンヒョウモン  同じ公園のラベンダーで吸蜜する。↓
f0211980_2115424.jpg


コヒオドシ  ここまで来るとコヒオドシは大変多い。↓
f0211980_2121720.jpg


カラフトタカネキマダラセセリ  少数のスレ個体のみ、高標高地で飛んでいた。↓
f0211980_2122564.jpg


ヒメシジミ  昨年、多くのシロオビヒメヒカゲを見かけたゲレンデで。まだ新鮮な♂。↓
f0211980_2123233.jpg


ヒメシジミ  シロオビヒメヒカゲに換わって、おびただしい数の本種がゲレンデを舞う。↓
f0211980_2123945.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-15 21:13 | 2012年

煌きの季節②~メタリックブルーの競演~

7月8日 朝4時から銭函へ向う。狙いはハヤシミドリとウラジロミドリの開翅である。札幌は晴れていたが、海岸に向うにつれて深い海霧に包まれる。4時半現地着、霧が立ち込めていたが、おかまいなくカシワを叩く。飛び出すのはハヤシミドリシジミ、気温が高いせいか落ちてこずに樹冠へ舞い上がる個体が多い。キタアカシジミも多数が飛び出すが、こちらはよろよろと落ちてくる。予想に反して、ウラジロミドリやウスイロオナガが少ない。ウラミスジシジミは未発生なのか全く見かけず。霧が晴れ、曇り空から少し太陽がのぞくと、下草に降りたハヤシミドリが開翅を始める。あの素晴らしいマリンブルーとの再会である。しかしどうだ、このハヤシの深いブルーの輝きは!こんな深い色合いの個体は初めてである。ピカピカのハヤシの開翅にいつも以上の感動をもらう。ウラジロは数少なく開翅の撮影チャンスなし。道路脇の下草でテリを張るゼフを発見、こんな下草でテリ張りするのはジョウザン?と思いつつ近づくと、まさしくジョウザンであった。銭函では初めてお目にかかった。ハヤシとジョウザンを堪能したあと、昨日のメスアカの谷に立ち寄ってから10時に帰宅する。午後、川沿いで吸水するアイノ♂を撮影する。
北の国は、まさにクライマックスの時を迎えている。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ハヤシミドリシジミ  下草に静止する♂。尾状突起が短くエゾミドリのよう。裏翅もハヤシらしくないが、ここはこんな個体が多い。↓
f0211980_20452079.jpg


ハヤシミドリシジミ  カシワで開翅を始める。息を呑む瞬間。↓
f0211980_20453016.jpg


ハヤシミドリシジミ  下草に降りていた♂が一気に開翅した。驚きの深いマリンブルーの輝き、感動必至の美しさが眼前に広がる。↓
f0211980_20454715.jpg


ハヤシミドリシジミ  上記と同一個体。ultramarinusの学名が伊達ではないことを今年も証明してくれた。↓
f0211980_20455766.jpg


ジョウザンミドリシジミ  カシワ林の林縁の下草に止まる。ここにはミズナラもあり、生息していても不思議ではない。↓
f0211980_2046959.jpg


ジョウザンミドリシジミ  ハヤシとは違う水色の輝き。↓ 
f0211980_20462116.jpg


ジョウザンミドリシジミ  高さ50cmの下草でテリを張る。撮影しやすさではNo.1↓
f0211980_20463034.jpg


ジョウザンミドリシジミ  この空色の輝きも美しさではひけをとらない。↓ 
f0211980_20463929.jpg


ウラジロミドリシジミ  まだ発生初期。2頭しか見かけなかった。↓
f0211980_20465929.jpg


ウスイロオナガシジミ  こちらもまだ数は少ない。↓ 
f0211980_2047847.jpg


ミズイロオナガシジミ  当地の本種は驚くほど矮小な個体が多い。これもヤマトシジミより少し大きいくらいである。↓
f0211980_20471559.jpg


メスアカミドリシジミ  昨日のメスアカの谷に立ち寄ると、同じようにテリ張りをしていた。↓
f0211980_20473652.jpg


アイノミドリシジミ  今年初見。川原に吸水に降りてきた。同じ場所でジョウザンミドリの吸水も見る。↓
f0211980_20474798.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-08 21:05 | 2012年

煌きの季節①~メタリックグリーンの閃光~

7月7日 七夕の今日、午前10時くらいから札幌市内の旭山公園を訪れる。お目当てはピカピカのメスアカミドリシジミである。昨年名づけたメスアカの谷に直行する。橋の上から見下ろすと、青緑色のゼフが1頭テリ張りをしている。ジョウザンミドリである。よく見ると、近くの葉の上に金緑色の煌きが見える。いた!メスアカだ。雲り空から陽が差し出すと、たくさんのメスアカが舞いだした。メタリックな黄緑色をキラキラと輝かせて、卍飛行や追尾飛行を繰り返す。少ないながらジョウザンミドリもこれに加わる。素晴らしいショーの始まりである。なかなかいい角度に止まってくれなかったが、まだ新鮮な金緑色の煌きを堪能する。いよいよ本格的にゼフ達が舞い始め、北の国もクライマックス突入である。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


メスアカミドリシジミ  一番いい角度に止まったのだが、ちょっと遠い。↓
f0211980_20385262.jpg


メスアカミドリシジミ  金緑色の輝きは強烈。↓
f0211980_2039545.jpg


メスアカミドリシジミ  こんなのが街中から10分の所にいるというのが札幌の凄いところ。↓
f0211980_20391548.jpg


メスアカミドリシジミ  この角度だと少し青みがでてしまう。↓
f0211980_203923100.jpg


メスアカミドリシジミ  ピカピカの個体ではない。数日前から発生していたようだ。↓
f0211980_20393346.jpg


ジョウザンミドリシジミ  時間的なものか、みかけた数は少数であった。↓
f0211980_20394430.jpg


ウラゴマダラシジミ  発生木のイボタの葉陰で静かに休む。↓
f0211980_20395238.jpg


コミスジ  札幌では初めて見かけた。閉翅してテリを張っていた。↓
f0211980_20395823.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-07 20:49 | 2012年

稲麻竹葦の林道~銭函から一の沢~

7月1日 暖蝶寒鳥のごまさんと銭函と札幌市南区の一の沢を探索した。強風の中、銭函のカシワ林を叩くと予想どおりオレンジの蝶が飛び出す。やはりもう出ていたキタカシジミ、個体数多く叩いても叩いても飛び出すのはキタアカばかり。ようやくハヤシミドリシジミが飛び出すも、樹冠に舞い上がり撮影は不可。この様子だと来週末にはウラジロミドリやダイセンなどピカピカの個体が撮影できそうである。ここでは、まだきれいなカバイロシジミ♂を撮影。カラスシジミも発生していたが、これは撮影できなかった。次に先日に偵察した南区の一の沢を訪れる。アカシジミ、ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ、エゾシロチョウ、ヒメウスバなど先日と同様の蝶が姿を見せてくれる。今日はオオイチモンジ狙いなのでどんどん奥へ進む。水が染み出た林道で、越冬明けのキベリタテハとシータテハ、新生コヒオドシを見る。その奥に吸水しているオオイチモンジを発見した。少しだけ傷があるものの新鮮な♂。夢中で撮影する。この後、さらに2箇所廻るも次のお目当ての蝶は端境期に入っているようで姿を見かけなかった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


キタアカシジミ  今年はもう発生している。非常に多くの個体を見かけた。↓ 
f0211980_2373365.jpg


キタアカシジミ  生息地とともに広角で。↓
f0211980_2374087.jpg


カバイロシジミ  比較的きれいな♂が残っていた。↓
f0211980_237516.jpg


イチモンジチョウ  この時期、この場所では必ず見かける。↓
f0211980_238872.jpg


ミヤマカラスアゲハ  ほとんど破損の無い春型の♂。林道で吸水後、フキで休息する。↓
f0211980_2383837.jpg


コヒオドシ  新生蝶、新鮮な本種はドキっとするくらい鮮やかである。↓
f0211980_2385745.jpg


キベリタテハ  こちらは越冬明け個体。もう7月、随分と長生きさんである。↓
f0211980_239943.jpg


オオイチモンジ  吸水する新鮮な♂。風格、美しさとも別格である。↓
f0211980_2392381.jpg


オオイチモンジ  後翅表面のブルーが美しい。↓
f0211980_2393075.jpg


オオイチモンジ  獣糞で吸汁する。蝶は美しいのだが。↓
f0211980_2393813.jpg


エゾシロチョウ  アカツメクサで吸蜜する新鮮な♂。↓
f0211980_2395639.jpg


エゾシロチョウ  飛び古した♀の前表翅は鱗粉が剥げ落ちて透明なものが多い。これは求愛する♂が前足で鱗粉をこすり落とすためと言われている。その証拠写真がこちら。↓
f0211980_2310285.jpg

[PR]
by temenos | 2012-07-01 23:22 | 2012年