ぶらり探蝶記

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏休みの終わりに

8月17日 愛知・長野県境の高標高地を訪ねる。避暑を兼ねて、日帰り温泉入浴が主目的。蝶はクロコムラサキの綺麗な個体や山頂のヒヨドリバナに舞うアサギマダラが撮れたらいいなくらいで、ポイントも定めず茶臼山に到着。下界とは違い、日陰では本当に涼しい。萩太郎山頂のヒヨドリバナ群落にアサギマダラの姿なく、わずかに林縁を舞う2個体を見るのみ。山頂では、キアゲハ、ウラナミシジミ、ツマグロヒョウモンが元気にテリを張っていた。乾いた地面に止まるクロコムラサキ♀を見つけるが、カメラを構えたとたんに飛び去る。ちょっとした林道に入っても蝶の種類も数も少なかった。長野県側に下り、売木川で鮎の縄張り行動を観察する。背びれ長く二重追星のばりばりの縄張り鮎が、侵入する鮎を激しく追い払う。こんな光景を目の当たりにすると、鮎釣り師としての血が騒ぎ出す。蝶の撮影を始めてからは、この季節はこれにかかりっきりで鮎釣りから遠ざかってしまった。雪崩落ちる緑の中、瀬に立ちこんで目印と穂先から伝わるおとり鮎の動きに集中する。あれほど聞こえていた瀬音やセミ時雨や鳥のさえずりなど、一切が耳に入らなくなって自然の中に溶け込んでいく自分を感じる。その感覚がふつふつと蘇ってくる。釣れても釣れなくても至福の時である。鮎釣りをしなくても、蝶にあえなくても満足、なんかそのような感覚を覚えた真夏の昼下がりであった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


キアゲハ  標高1300mの山頂で、南信の山々とその奥にそびえる南アルプスに向かってテリを張る。↓
f0211980_21582887.jpg


ヒカゲチョウ  これは数日前、クヌギの樹液酒場にきていたもの。↓
f0211980_21584420.jpg


ムラサキシジミ  雑木林の中に多くの本種が休んでいる。これも数日前、ヒカゲチョウと同じ場所で。↓
f0211980_2159240.jpg


樹液酒場  ケシキスイとヨツボシケシキスイが見える。他にいたのはノコギリクワガタとコクワガタ、カナブンなどの常連達。蝶はサトキマダラヒケゲが立ち寄っていただけであった。↓
f0211980_21591760.jpg


コケ(藻)の状態がいい石を占有する縄張り鮎。黄色の二重追星も鮮やか、やるき満々である。ひとたびライバルが侵入すると、長い背びれを戦旗のようにはためかせ、猛烈に追い払う。↓
f0211980_21592888.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-20 22:11 | 2013年 | Comments(2)

炎天下の高原~夏チャマは何処~

8月14日 タイトルからして結果は明らかだが、チャマダラセセリの夏型を探しに木曽の高原を訪れた。気温26度の高原とはいえ、真夏の炎天下に汗だくになりながら3時間探し回っても全くその姿なし。ポイントには縦横無尽に人が歩いた「けもの道」が出来ていたが、これは4日ほど前に同じく夏チャマを求めて10名ほどが歩き回った跡。暑すぎるのか、元気に飛び回っているのはキタキチョウとモンキチョウ、ツバメシジミくらいで、これでは下界の路傍となんら変わらない。せめてホシチャバネくらいと望んだが、こちらも全く姿なし。セセリといえば、スジグロチャバネセセリ1頭、アカセセリ2頭、チャバネセセリ1頭を見かけただけであった。ヤマキチョウ♂を2頭見かけたが、潅木の葉裏に止まるばかりできれいに撮影できない。この他、見かけた蝶はオオミスジ、ミスジチョウ、コミスジ、カラスアゲハ、トラフシジミ、ジャノメチョウ、スジグロシロチョウくらい。近くの林縁では、樹冠を渡っていくゼフ♀を何回か見かけるも撮影はできず。朝晩の気温が低いせいなのか、ミヤマアカネなど赤トンボは早くも真っ赤に色付いていた。 (各画像はクリックすると拡大表示します)

スジグロチャバネセセリ  結構敏感で、よい角度をと動くたびに飛び立たれて何回か目に飛び去られる。↓
f0211980_073432.jpg


アカセセリ  多かったコキマダラに換わって草原の主役。晩夏の蝶である。↓
f0211980_074483.jpg


チャバネセセリ  「ただの」チャバネセセリ、撮るものが少ない証。↓
f0211980_075281.jpg


ヤマキチョウ  飛んでもすぐに潅木に潜り込む。翅裏にオニユリの花粉を沢山つけていた。↓
f0211980_075927.jpg


ミヤマアカネ  真っ赤に色付いている。この時期、低地ではまだオレンジ色がほとんど。↓
f0211980_081234.jpg


キキョウ  自生のキキョウやナデシコが草原を彩る。これも盛期を過ぎようとする夏の風景であろう。↓
f0211980_081923.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-16 00:17 | 2013年 | Comments(2)

北の大地へ~札幌のmy field③~

8月4日 一の沢林道で時間を取り過ぎた。今年大きな環境変化があったと報告を受けた「アイノの広場」の状況を確認するため大慌てで八剣山へ向かう。ここは一箇所で10種ものゼフが観察でき、盛期の午前中にはアイノ・ジョウザン・メスアカの言葉を失うくらいの大乱舞が見られる素晴らしいポイントであった。訪ねてみて唖然、広場から登山口へ広がっていた原生林が全て伐採され、大きな空間が広がっている。訪ねた時間的には、下草に活動を終えたアイノや夕刻活動性のゼフ達が沢山見られる筈なのに、全くその姿が無い。あれほど沢山いたカラスシジミも1頭見つけるのがやっと。大きな失意と共に立ち去ろうとした時に、下草を飛び移るジョウザンシジミに出会い、少しばかり救われた気持ちになる。最後に立ち寄った藻岩山では、何頭ものエゾヒメシロチョウがゆったりと舞い、無数のカラスシジミがヒメジオンで吸蜜している変わらない風景を楽しむことができた。もっともっと訪れたいポイントはあったが、帰りの飛行機の時間に間に合わせるためには探蝶はここまで。後ろ髪引かれながら、思い出深い札幌を後にした。 (各画像はクリックすると拡大表示します)

ヘリグロチャバネセセリ  百松沢入り口にて、北海道で本種を確認したのはこれが初めて。↓
f0211980_23212187.jpg


キバネセセリ  スレ・ボロのオンパレードだが、むちゃくちゃ沢山いる。↓
f0211980_23212986.jpg


エゾスジグロシロチョウ  シロチョウ系では最も沢山飛んでいた。↓
f0211980_2321578.jpg


オオモンシロチョウ  年々見かける数は少なくなっているように思う。この日もこの1頭のみ。↓
f0211980_23221688.jpg


ジョウザンシジミ  すでに少しスレているが夏型が出ていた。一番のポイントでは見つけられなかったが、思わぬ箇所で出会えた。↓
f0211980_23234476.jpg


ジョウザンシジミ  ヒメジオンで吸蜜する。↓
f0211980_23235274.jpg


ジョウザンシジミ  開翅する、春型に比較すると真っ黒という感じ。↓
f0211980_23235955.jpg


カラスシジミ  これも札幌では普通種。街中でも飛んでいるが、ここには無数にいる。↓
f0211980_2324917.jpg


エゾヒメシロチョウ  弱弱しく飛んでいるが、なかなか止まらない。クサフジなど紫系の花にはよく来る。↓
f0211980_23241734.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-08 23:36 | 2013年 | Comments(4)

北の大地へ~札幌のmy field②~

8月4日 一の沢林道をゲートから第一の橋まで2往復してみた。林道脇のヒヨドリバナにはキバネセセリがわんさかと群れている。ここでもジョウザンミドリがオオイタドリでテリを張っていた。林道上には早くも吸水に降りたアイノ♂が多い。期待に反してウラキンは全く姿を見せない。シータテハとサカハチチョウは夏型、エルタテハやクジャクチョウは新生蝶がでている。水が染み出た箇所で、ミヤマカラスアゲハとエゾスジグロシロチョウが集団で吸水している。但し数は少なく、2010年に百松沢で見たミヤマカラスアゲハ・クジャクチョウ・コムラサキの圧巻の大集団には遠く足元にも及ばない。数頭のベニヒカゲが崖沿いに飛んではヒヨドリバナでの吸蜜を繰り返す。オオヒカゲはあちこちで見かけるも、すぐに林内に逃げ込んみ中々撮影できない。ヒョウモン類は少なく、ミドリヒョウモンやコヒョウモンがチラホラといったところ。オオイチモンジは時期的に遅く、逆にキベリタテハの新生蝶には少し早すぎて会うことは叶わなかった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ミヤマカラスアゲハ  この日は最大で6頭ほど。↓
f0211980_19471326.jpg


エルタテハ  林道入り口から奥まで、多くの個体が林道上に降りていた。↓
f0211980_19472154.jpg


コムラサキ  足元で吸水する、影に入ってくれたおかげで綺麗な色がでた。↓
f0211980_19473047.jpg


ミスジチョウ  こちらはさすがにくたびれている。↓
f0211980_19473980.jpg


オオヒカゲ  追える範囲まで追いかけても、この程度の写真しか撮れなかった。↓
f0211980_19474937.jpg


サカハチチョウ  きれいな夏型、もう札幌ではアカマダラはいなくなってしまったのだろうか?。↓
f0211980_19475882.jpg


ミドリヒョウモン  一番多く見かけたヒョウモンが本種。↓
f0211980_1948744.jpg


ベニヒカゲ  北国でシーズンの終わりを告げる蝶、一の沢のような低標高地にも生息している。↓
f0211980_19481418.jpg


クジャクチョウ  不思議と見かけた数は少なかった。この時期の本種の鮮やかさには目を奪われる。↓
f0211980_19482067.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-07 19:58 | 2013年 | Comments(2)

北の大地へ~札幌のmy field①~

8月4日 3日に仕事で札幌に入ったが、そのまま素直に帰る筈もなく、4日は早朝から札幌在住時に慣れ親しんだmy fieldの何箇所かを廻った。まずは、百松沢に向かう。北国とはいえ、ゼフもさすがに盛期は完全に過ぎており、数は多く見られるがスレばかり。特に♂は大スレか大ボロばかりだが、まだまだ元気に飛び回っていた。テリ張りしていたのはアイノとジョウザン、同じ空間でテリを張っているので、時に異種格闘戦が起こる。百松沢林道ゲート前の広場の下草には、各種ゼフの♀とカラスシジミが多く、ゼフは吸水しながら開翅する。撮影しているとオナガシジミやウスイロオナガシジミも飛来し開翅のサービス。比較的新鮮なメスアカミドリの♀を見つけるが、残念ながら開翅せず飛び去ってしまう。ここでヘリグロチャバネセセリに出会う。札幌に住んでいた時は、何回もここに通っていたにもかかわらず全く見ることも無かったのに不思議なものである。暫く楽しんだ後、一の沢に向かう。一の沢林道入り口付近では、少ないながらアカシジミが残っていて出迎えてくれた。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


アイノミドリシジミ   スレばかりだが、金緑色を煌かせて卍バトルを繰り返していた。↓
f0211980_22839.jpg


ジョウザンミドリシジミ  こちらもスレばかり。オオイタドリでテリを張る。↓
f0211980_2282188.jpg


ジョウザンミドリシジミ  開翅する♀。地上5cmの草に多くのゼフ♀が降りていた。↓
f0211980_2283175.jpg


エゾミドリシジミ  写真からは解らないが、矮小な♀。↓
f0211980_2284033.jpg


オナガシジミ  年に一度は、このホルスタイン柄に会いたいと思う。↓
f0211980_2285055.jpg


オナガシジミ  開翅する。札幌近辺ではちょっとしたオニグルミにも発生してる普通種。↓
f0211980_2285897.jpg


ウスイロオナガシジミ  チラチラと飛んできて、目の前に止まった。↓
f0211980_2225980.jpg


ウスイロオナガシジミ  近くの葉に飛び移り、開翅のサービス。↓
f0211980_2291218.jpg


アカシジミ  まだ残っている。昨年も7月の終わりに多く残っていた。↓
f0211980_229241.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-05 22:25 | 2013年 | Comments(4)

連敗~照葉樹林の宝石~

7月26日 休暇を取り、キリシマの開翅一本に的を絞り早朝から鈴鹿へ向かう。天気予報は晴れのち曇りであったが、現地は曇り空。6時からポイントに陣取り、主役の登場を待つ。天候は安定せず、時折ガスもかかる状態。8時を過ぎ、空が明るくなったころキリシマが樹冠を舞う。よし!これからだ!と思ったが、次が続かない。1時間に1回くらいの割合で高所をチラチラ舞うくらい。昼前になって太陽が顔をだしても、状況は全く変わらず。1回だけ、下まで降りてきたが止まらずに目前を飛び去る。1時を過ぎて天候が悪化し、全く飛ばなくなり万事休す。♀はアカガシを叩くと数頭飛び出したが、全て素晴らしいスピードで飛び去った。個体数そのものも少ないが、2日前には目前の開翅も撮影できたようで悔しさを胸に帰路につく。キリシマばかりか、見かけた蝶も少なかった。クロシジミ初見がせめてもの慰めか。新鮮なジャノメチョウが多く舞い、蝶の季節の後半戦を告げていた。また来年にリベンジである。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


クロシジミ  久しぶりに会うも、暗いし遠いしで証拠写真程度。↓
f0211980_0233449.jpg


ジャノメチョウ  今にも降り出しそうな天候の中、ススキ原を活発に飛び回る。↓
f0211980_0234526.jpg


ジャノメチョウ  発生初期、さすがに♂ばかりで♀は見かけなかった。↓
f0211980_0235169.jpg

[PR]
by temenos | 2013-08-01 00:28 | 2013年 | Comments(2)