ぶらり探蝶記

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

琉球の蝶と遊ぶ

4月27日  今年も3泊4日の予定で沖縄を訪れた。そして蝶にあてがわれた時間も昨年同様半日のみ。晴れ渡った初夏のやんばるの森を散策する。ニイニイゼミの鳴声が聞こえ、近づいてみるとニイニイより一回り小さいクロイワニイニイが鳴いている、姿かたちは瓜二つ。与那覇岳の林道を流す。山麓の川沿いでアオタテハモドキを撮影するが、残念ながら♀。林道沿いにはアサギマダラとイシガケチョウ、樹林内にはリュウキュウヒメジャノメが多い。クロセセリはややスレ。林縁ではアマミウラナミシジミがテリ張りをしている。♂が追尾飛行を繰り返すが、ゼフのように卍にはならない。樹冠を颯爽とツマベニチョウが渡っていく。民家近くの林道に移動する。ベニモンアゲハを初見。ジャコウアゲハの派手なタイプ?後翅表面の外縁部の紋様がハート型。林道脇のセンダングサにはリュウキュウアサギマダラとミナミキチョウが群れている。ここでもアマミウラナミシジミが多い。ミカン畑でコノハチョウを撮影する。ここで与えられた時間は終了、断腸の思いで林道を後にする。滞在中、常にカメラを持ち歩き撮影チャンスを伺っていた。ウスキシロチョウや正体不明のタテハを見かけたが、撮影できた蝶はオオゴマダラのみ。海沿いの草原でイワサキクサゼミを見る。サトウキビの害虫らしいが、チッチゼミみたいで可愛い。残念ながら今年もリュウキュウウラボシやイワカワシジミには会えなかった。


アオタテハモドキ  林道沿いの草地で開翅する♀。↓
f0211980_1443717.jpg


クロセセリ  昨年は多く見かけたが、今年は数頭のみ。↓
f0211980_14432345.jpg


アマミウラナミシジミ  葉上で開翅する♀。↓
f0211980_14434941.jpg


アマミウラナミシジミ  樹林脇で静止する♂。↓
f0211980_144452.jpg


ベニモンアゲハ  乙女チックな紋様である。↓
f0211980_14441839.jpg


イシガケチョウ  何処に行っても沢山飛んでいる。↓
f0211980_14442876.jpg


コノハチョウ  ミカンの葉上に静止する。どうやらミカンの樹液にきていたらしい。↓
f0211980_14452460.jpg


リュウキュウアサギマダラ  センダングサで吸蜜する。↓
f0211980_14462166.jpg


オオゴマダラ  28日に撮影、天候が悪い中、林縁で開翅する。↓
f0211980_14464019.jpg


リュウキュウヒメジャノメ  そっくりさんシリーズ、ヒメジャノメと何処が違うのか?↓
f0211980_1533668.jpg


リュウキュウミスジ  そっくりさんシリーズNo.2  コミスジと何処が違うのか?↓
f0211980_1561789.jpg


ミナミキチョウ  そっくりさんシリーズNo.3 キタキチョウと別種としていいのか?↓
f0211980_14475214.jpg


クロイワニイニイ  そっくりさんシリーズセミ編  ニイニイゼミより一回り小さく可愛い。↓
f0211980_14481142.jpg


イワサキクサゼミ  クロイワニイニイも本種もかなり鈍感?両種とも簡単に手で掴めた。↓
f0211980_14481832.jpg

[PR]
by temenos | 2015-04-30 15:12 | 2015年

蝶との相性~トラフシジミは空振り~

4月18日  トラフシジミ春型の開翅が撮りたくて今週も自然教育園に向かう。晴れているが、やや気温が低く開翅には絶好の条件か。9時過ぎからポイントでトラフシジミの登場を待つ。ところがいくら待っても主役は現れずじまい。どうもトラフシジミとの相性が悪く、まともな写真を撮った記憶がない。この相性の悪さはいかんともしようがない。ツマキチョウはまだ多く飛んでいるが、雄雌の比率が半々になってきた。産卵行動を見る。その他の蝶は少なく、テングチョウ、モンシロチョウ、キタキチョウ、ルリシジミを見たくらい。スジグロシロチョウは全く見かけない。これくらいの森だと、いてもおかしくないのだが不思議なものである。キジョランの葉裏のアサギマダラの蛹を撮影すする。この東京で冬を越せたことに感心する。

テングチョウ  ここでは稀な種類らしいが、2週連続で見かけた。↓
f0211980_18413915.jpg


ツマキチョウ  探雌飛翔する♂。↓
f0211980_18415447.jpg


ツマキチョウ ムラサキケマンで吸蜜する♀。↓
f0211980_18421829.jpg


ツマキチョウ  アブラナ科に産卵する♀。↓
f0211980_18423988.jpg


ツマキチョウ  産卵後、枝先で休息する♀。↓
f0211980_1843372.jpg


ルリシジミ  緩やかに舞い降りてきて下草で開翅する♀。↓
f0211980_18432685.jpg


アサギマダラ  キジョランの葉裏にある蛹。↓
f0211980_18434597.jpg


クサガメ  小さな流れにいたクサガメの赤ちゃん。↓
f0211980_1844568.jpg

[PR]
by temenos | 2015-04-18 18:54 | 2015年

大都会の真ん中で~白金のツマキチョウ~

4月12日 4月から始まった東京での単身赴任生活、仕事も多忙で全くフィールドに出られない日々が続いていた。今日ようやく単身宅近くの白金の自然教育園の森を訪れた。目的はトラフシジミの春型なのだが、いつまで待ってもトラフシジミは現れずじまい。ツマキチョウは沢山飛んでいた。大都会の真ん中の小さな森でたくましく生きている。飛翔狙いの撮影者も多い。ツマキチョウ以外に見かけた蝶は、モンシロチョウ・ナミアゲハ・ルリシジミ・ルリタテハ・テングチョウ・アカタテハ・キタキチョウの7種。聞くところによるとアカシジミやミズイロオナガシジミ、オオミドリシジミなども生息しているらしい。時間がない時には近くていいかもしれない。

以下全てツマキチョウ
f0211980_22193237.jpg
f0211980_222007.jpg
f0211980_22203261.jpg
f0211980_22205489.jpg
f0211980_22225171.jpg
f0211980_2223112.jpg

[PR]
by temenos | 2015-04-12 22:24 | 2015年