ぶらり探蝶記

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

箱根から富士

7月26日 朝から箱根のキリシマミドリのポイントへ向かう。ポイントでしばらく待つも全く飛ぶ気配なし。早々にあきらめ湿性花園へ。ハンノキ林の中に生えたコブシの葉上や葉裏、新芽の部分に多くのミドリシジミが群がっている。♂♀ともスレ個体が多い。ミヤマカラスシジミは時期遅れであろう、全く見かけず。とにかく暑い、ここは夕刻に再度訪れることにして小山町のオオムラサキポイントへ向かう。いつもなら多くのオオムラサキやスミナガシが群れている樹液酒場も開店休業状態。オオムラサキの♀とジャノメチョウがいただけ。次に梨ケ原に向かうが、遮るもののない草原はこたえた。あまりに暑いせいか、蝶も少ない。やけくそ気味に入ったことのない林道に入ってみる。オニグルミの幼木が4~5本あり、このうちの1本の葉裏にオナガシジミが休んでいるのを見る。しかし、かなりのボロ個体。下草に不活発なスジボソヤマキチョウが止まっている。再びオオムラサキポイント~湿性花園と逆廻りで帰途に着く。オオムラサキポイントでは数頭の♂がテリ張りをしており、耳元をバタバタ羽音を立てながら何度も通過する。湿性花園では、まだミドリシジミはお休み中であったが、日が傾くにつれチラチラとコブシの葉上を飛び移り始める。このうち♀2頭が翅を開く。A型とB型であった。もう少し粘りたかったが、ここの閉園時間がきてしまい♂の開翅は見れなかった。


オオムラサキ  苔むしたクヌギの幹に静止する。↓
f0211980_22371385.jpg


オオムラサキ  樹液酒場近くで開翅する♂。時期的にスレ具合は仕方ないところ。↓
f0211980_22375862.jpg


オオムラサキ  クヌギの幹で開翅する♀。堂々たる風格。↓
f0211980_22381786.jpg


ジャノメチョウ  この蝶が飛び始めるとハイシーズンも終盤。クヌギの樹液に来ていた。↓
f0211980_2238411.jpg


ジャノメチョウ  こちらもクヌギに止まる♀。↓
f0211980_22385930.jpg


スジボソヤマキチョウ  暑いせいなのか林内の下草で休息する♂。↓
f0211980_22392099.jpg


メスグロヒョウモン  ヒョウモン類もチラホラ見かけるだけだった。↓
f0211980_22394461.jpg


オナガシジミ  尾状突起はおろか、後翅尾部を大きく欠損している。↓
f0211980_2240241.jpg


ミドリシジミ  ハンノキでは全く見かけず、コブシに多くが集まっていた。↓
f0211980_22402669.jpg


ミドリシジミ  開翅するA型の♀。残念ながら葉かぶり。↓
f0211980_22404495.jpg


ミドリシジミ  近くで開翅してくれたB型の♀。↓
f0211980_2241918.jpg

[PR]
by temenos | 2015-07-26 22:51 | 2015年

蝶のいない山

7月20日 悪天候明けの好天、時期的にも絶好と思い勇んで鈴鹿に出かける。7時前に現地着、駐車場は既に満杯状態。車を降りてすぐ、採集者と出会う。キリシマミドリは全く姿を見ないとのこと。いつものポイントでは一年ぶりに会う方など数名がスタンバイ。仲間に入れていただき主役のお出ましを待つ。撮影者や採集者はどんどん増えてくる。気が付けば錚々たるメンバーが勢ぞろいで蝶談義に花が咲く。それはそれで楽しいのだが、待っても待っても一向にキリシマミドリは現れない。アカガシを叩いても飛び出さない、どころか他の蝶も姿が全くないのはどうしたことか。2時間以上待ってようやく現れたのがキタキチョウ、次にイチモンジセセリでは話にならない。結局、午後1時まで待ってキリシマミドリは2回ほど飛んだのみ。当然、撮影はできず。見かけた蝶はキリシマミドリ、キタキチョウ、イチモンジセセリ、ウラギンシジミ、ミドリヒョウモンとたったこれだけ。帰りの登り坂がいつも以上にきつく感じた。単に発生が遅れているだけならいいのだが、今年は不作の年のような気がする。

ウラギンシジミ  6時間費やして撮った写真がこれだけ。この位置でキリシマが開翅してくれたら・・・。↓
f0211980_23412727.jpg

[PR]
by temenos | 2015-07-21 23:45 | 2015年

高原の夏

7月11日  早朝から信州の高原を訪れた。6時半、林縁にはまだ陽が差し込んでおらず、下草は露にしっとり濡れている。蝶は何も飛んでいない。ジョウザンミドリシジミでもテリ張りしていないかと林道に分け入るも、こちらも静まり返っている。陽が当たりだすと、林道脇の草地で無数のヒメシジミが開翅を始める。♂・♀・新鮮・スレ・ボロ様々。しばらく撮影した後、最初の林縁に取って返す。ここでもヒメシジミが沢山、ウラギンヒョウモンやミドリヒョウモンが飛び始める。しばらく粘ったが、目的のコヒョウモンモドキは全く現れない。仕方なく再度林道へ向かう。しかし、ゼフ類は全く見かけない。昨年8月に来た時は、多くのゼフ♀に出会えたのに不思議なものである。渓流に架かる小さな橋近辺はメスアカミドリがテリ張りに好みそうな場所で、ここでもしばらく粘ったがオオミスジやシータテハが姿を見せたくらいであった。三度林縁に向かう。しかし、やはりコヒョウモンモドキは姿を見せてくれなかった。ここで過去に聞いたポイントに向かう。車を止めて歩き出した瞬間から、草原を茶色い小さな蝶が舞う。ようやくコヒョウモンモドキに出会えた、しかも結構な数が飛んでいる。このポイントは安泰であろう、少し安堵し撮影に集中する。しかし、これまで時間を使いすぎたため、夕刻の東京での仕事に間に合わせるためには、残された撮影時間は30分程。大慌てで撮影し、後ろ髪引かれる思いで当地を後にした。


ヒメシジミ  朝日を浴びて開翅する♂。↓
f0211980_13281573.jpg


ヒメシジミ  アヤメの茎に静止する♀。↓
f0211980_13283262.jpg


ヒメシジミ  クガイソウに多くの本種が群れていた。↓
f0211980_13284693.jpg


コヒョウモンモドキ  開翅する♀。↓
f0211980_13293748.jpg


コヒョウモンモドキ  ヒメジョオンがここでの吸蜜花。↓
f0211980_1330333.jpg


コヒョウモンモドキ  休止する♀。今年もステンドグラス模様に出会えて嬉しい。↓
f0211980_13302630.jpg


コヒョウモンモドキ  閉翅して吸蜜する。↓
f0211980_13303990.jpg


コヒョウモンモドキ  求愛する♂と交尾拒否する♀。↓
f0211980_1331179.jpg


オオミスジ  林道脇で開翅する。↓
f0211980_1332710.jpg


シータテハ  渓流脇の灌木でV字開翅する。↓
f0211980_13323645.jpg


アサギマダラ  不意に林縁に現れた。アザミで吸蜜する。↓
f0211980_13325962.jpg


コキマダラセセリ  見かける数が少なかった。↓
f0211980_13332166.jpg

[PR]
by temenos | 2015-07-12 13:42 | 2015年

稜線での煌き

6月28日  ある種の生態調査のため、仲間と共にとある山塊の稜線にやってきた。天気はまずまず、期待が膨らむ。しかし、高標高地の稜線にいるのはモンキチョウやツマグロヒョウモンといったオープンランドの蝶ばかり。これでは平地と何ら変わりない。主役のお出ましを待つ間にツマジロウラジャノメが現れ、大慌てで撮影する。ブナの叩き出しで落ちてきたのはアイノミドリシジミ、少しだけ開いた隙間から、金緑色の強烈な輝きを見せてくれる。正午になりブナや針葉樹の枝先でヒサマツミドリシジミがテリ張りを始める。卍は高所で長く続くも、なかなか下には降りてきてくれない。300㎜で飛翔写真に挑戦するが、毎度のごとくスカ写真を大量生産するだけ。そうこうしているうちに雲が広がりだし万事休す。目的の生態調査も空振りに終わる。

ツマグロヒョウモン  高標高地の草地で求愛飛翔する。↓
f0211980_2337240.jpg


ツマジロウラジャノメ  草地の花を訪れる。↓
f0211980_23373451.jpg


ヒサマツミドリシジミ  卍飛翔する♂。↓
f0211980_23375893.jpg


ヒサマツミドリシジミ  卍飛翔する♂。↓
f0211980_23381833.jpg


ヒサマツミドリシジミ  ブナの高所でテリ張りする。↓
f0211980_23383947.jpg


アイノミドリシジミ  叩き出して降りてきた♂。金緑色の煌きは強烈。↓
f0211980_2339844.jpg


アイノミドリシジミ  しばらく下草にしがみついていたが、勢いよく樹上に舞い上がる。↓
f0211980_23401283.jpg

[PR]
by temenos | 2015-07-05 23:50 | 2015年