ぶらり探蝶記

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小春日和

12月3日 暖かな日差しに誘われるように、広島中心街にある比治山公園を探索してみる。照葉樹を中心とした森が広がり、狙いどおりムラサキシジミ、ムラサキツバメの越冬集団を見つける。日が当たり始めると、南東向きの斜面に次から次へと舞い降りて、日光浴と吸水行動をとる。ムラサキツバメと並んでヤマトシジミが吸水しているのを見る。その他の蝶は見かけず。

ムラサキツバメとムラサキシジミの越冬集団
f0211980_00191494.jpg
f0211980_00193094.jpg
f0211980_00194679.jpg
f0211980_00200155.jpg
ムラサキツバメ♂
f0211980_00202349.jpg
ムラサキツバメ♀
f0211980_00203930.jpg
ムラサキシジミ♂
f0211980_00205404.jpg
f0211980_00212124.jpg
ムラサキシジミ♀
f0211980_00213763.jpg
ヤマトシジミ♂とムラサキツバメ♂
f0211980_00220355.jpg

ヤマトシジミ♂
f0211980_00222124.jpg





[PR]
by temenos | 2017-12-24 00:39 | 2017年 | Comments(0)

西表一人旅№4

2日間西表の林道を中心に歩いた。石垣と違って繁華街の喧騒のない島、太古の昔から手の入ってない原始の森に魂を奪われたことは否定のしようもない。蝶ばかりに目が行って、他の生物をきちんと見てなかったことを後悔している。腰を落ち着けてじっくり探索しに来よう、帰りの船でそう誓った。


カンムリワシ
f0211980_23242152.jpg

カンムリワシ
f0211980_23243697.jpg

サキシマカナヘビ
f0211980_23244959.jpg

サキシマキノボリトカゲ
f0211980_23250020.jpg

ヤエヤマセマルハコガメ
f0211980_23251372.jpg

ホソアカトンボ
f0211980_23252971.jpg

アカスジベッコウトンボ
f0211980_23253967.jpg

マングローブ林(スマホ画像)
f0211980_23255636.jpg

イリオモテヤマネコ像(スマホ画像)
f0211980_23260849.jpg
イリオモテヤマネコ注意看板(スマホ画像)
f0211980_23261924.jpg
早朝のマングローブ林(スマホ画像)
f0211980_23262950.jpg

(スマホ画像)
f0211980_23263854.jpg

アオタテハモドキの舞う広場(スマホ画像)
f0211980_23264810.jpg

タイワンキマダラ生息地近くの海岸(スマホ画像)
f0211980_23265946.jpg






[PR]
by temenos | 2017-12-22 23:37 | 2017年 | Comments(0)

西表一人旅 №3

2日間で撮影できた南方系の蝶は35種。その他ツマベニチョウ、マルバネルリマダラ、シロウラナミシジミ、シロミスジ、ヒメウラナミシジミなど撮影できなかった種も含めて多種の蝶に出会えた。2日では足りない、まだまだ撮影したい、後ろ髪引かれながら西表を後にした。


シロオビアゲハ
f0211980_19155552.jpg
ベニモンアゲハ
f0211980_19160740.jpg
ヤエヤマカラスアゲハ
f0211980_19161678.jpg
クロセセリ
f0211980_19163400.jpg
コウトウシロシタセセリ
f0211980_19165079.jpg
クロボシセセリ
f0211980_19165910.jpg
クロボシセセリ
f0211980_19170850.jpg
トガリチャバネセセリ
f0211980_19172945.jpg
ヒメイチモンジセセリ
f0211980_19174082.jpg
ネッタイアカセセリ
f0211980_19175177.jpg
アオスジアゲハ
f0211980_19181612.jpg




[PR]
by temenos | 2017-12-06 19:22 | 2017年 | Comments(2)

西表一人旅 №2

観光シーズンを外しているのと平日であることもあってか、観光ルートを外れると人も少ない。2日間で出会った蝶屋は2人だけ。林道に分け入ると鳥・蝉・蛙の鳴き声と風による木々のざわめき、せせらぎの音以外は聞こえてこない。人が時間を切り刻む必要のない空間がそこにあった。あらゆる自然の産物に目を配り、聞き耳を立て五感を研ぎ澄ます。至福の時間が過ぎていく。


クロテンシロチョウ
f0211980_18563008.jpg
ナミエシロチョウ♂
f0211980_18562147.jpg
ナミエシロチョウ♀
f0211980_18561289.jpg
ウスキシロチョウ♂
f0211980_18560455.jpg
ミナミキチョウ
f0211980_18555613.jpg
リュウキュウウラボシシジミ
f0211980_18553915.jpg
タイワンクロホシシジミ♂
f0211980_18552953.jpg
タイワンクロホシシジミ♀
f0211980_18552023.jpg
アマミウラナミシジミ♂
f0211980_18575571.jpg
ルリウラナミシジミ♂
f0211980_18574529.jpg
ヤクシマルリシジミ♀
f0211980_18550344.jpg
クロマダラソテツシジミ♂
f0211980_18545043.jpg






[PR]
by temenos | 2017-12-03 19:03 | 2017年 | Comments(0)

西表一人旅 №1

11月27日~30日 会社の連続休暇取得制度を利用して一人ひっそりと西表島を訪ねた。広島からでは石垣直行便がないために広島~福岡~那覇~石垣~西表と新幹線・航空機・船と連続した乗り継ぎになり、初日と最終日はほぼ移動のみ。28日29日の二日間で秘境といわれる西表島を廻る。初めての八重山探蝶、島の90%が手つかずの密林で本州とは全く違う植生を目の当たりにし、ワクワク感が止まらない。天気はまずまず、時折通り雨が来るのも亜熱帯特有か、気温は28度で蒸し暑い。サトウキビ畑横のちょっとした林縁でも多数の蝶が飛び交い、写真や昆虫館でしか見たことのない蝶たちの乱舞に心ときめく。普段なじみのない蝶がほとんどのため、何が飛んでいるのか判断に迷うことが多い。八重山で出会った蝶や生き物を4回に分けて紹介したい。

リュウキュウアサキマダラ
f0211980_12224153.jpg
ヒメアサギマダラ
f0211980_12232834.jpg
ツマムラサキマダラ
f0211980_12235692.jpg
スジグロカバマダラ
f0211980_12240915.jpg
ヤエヤマムラサキ
f0211980_12242244.jpg
オオゴマダラ
f0211980_12244714.jpg
タイワンキマダラ
f0211980_12253272.jpg
イシガケチョウ
f0211980_12255406.jpg
アオタテハモドキ
f0211980_12261266.jpg
タテハモドキ
f0211980_12262675.jpg
ヤエヤマイチモンジ
f0211980_12264126.jpg
リュウキュウミスジ
f0211980_12265281.jpg
リュウキュウヒメジャノメ
f0211980_12270415.jpg
マサキウラナミジャノメ
f0211980_12271648.jpg
ヤエヤマウラナミジャノメ
f0211980_12272878.jpg




[PR]
by temenos | 2017-12-02 12:43 | 2017年 | Comments(2)