ぶらり探蝶記

銭函海岸~西風の妖精たち④ハヤシミドリシジミ~

7月11日 食樹はカシワのみ、したがってカシワ林がないと生息できない。ここ銭函は見事なまでのカシワ林であるから、本種が多数生息していても不思議ではないのだが、その多さには驚かされた。カシワをたたけば飛び出す大きめのゼフは全て本種である。夕刻の卍飛翔はどれくらい凄いのだろうか、想像するだけで胸が高鳴る。夕刻活動性の蝶だが、本日は曇っていたこともあってか、一瞬の晴れ間にテリ張りを行った。その♂の開翅は今日最高のプレゼントであった。ウラジロにスクランブルをかけた後、2mの高さのカシワの葉に止まって開翅。大慌てで脚立に駆け上り撮影開始。fabonius特有の青緑色の煌きは強烈であり、そのマリンブルーの輝きの美しさに感動で心が震えた。ultramarinusの学名は伊達ではないことを証明しているようであり、ウラジロに再度スクランブルをかけて飛び立つまでの5分ほどはまさに至福のひと時であった。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ハヤシミドリシジミ ♀の開翅、これが今日の感動シーンのオープニングであった。 ↓
f0211980_22111339.jpg


ハヤシミドリシジミ  ここからは♂の開翅シーン、言葉は無用である。 ↓
f0211980_2211231.jpg


ハヤシミドリシジミ しっかり撮影者を見つめている。 ↓
f0211980_22114225.jpg


ハヤシミドリシジミ ↓
f0211980_22115629.jpg


ハヤシミドリシジミ 同じような写真ばかりだが、本当に美しかった。感動をくれた彼に感謝したい。 ↓
f0211980_2212739.jpg

[PR]
# by temenos | 2010-07-11 22:12 | 2010年 | Comments(4)

銭函海岸~西風の妖精たち③ウラジロミドリシジミ~

7月11日 その学名にsaphirinusとあるように♂の表翅はサファイアブルーに輝く。♂の開翅を撮影したかったが、天候には勝てなかった。ほんの一瞬の晴れ間に♀が開翅してくれたことが慰めであろうか。その晴れの一瞬には♂はキラキラと光りながら卍巴飛翔を繰り返していた。小型の可愛いゼフである。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ウラジロミドリシジミ  ここ銭函海岸には沢山生息している。 ↓
f0211980_2152687.jpg


ウラジロミドリシジミ  他のfaboniusとは少し裏翅の模様の感じが違う。 ↓
f0211980_21521810.jpg


ウラジロミドリシジミ  ♀が下草で半開翅する。 ↓
f0211980_21523199.jpg


ウラジロミドリシジミ 上記とは別個体、こちらは全開翅。♂のこのシーンが撮りたかったが・・。 ↓
f0211980_21524038.jpg

[PR]
# by temenos | 2010-07-11 21:52 | 2010年 | Comments(0)

銭函海岸~西風の妖精たち②ウスイロオナガシジミとミズイロオナガシジミ~

7月11日 ミズイロオナガシジミはごく普通にいる低地性のゼフである。表翅は暗褐色できれいではないが、裏翅はスッキリとしていて好みであるし、ミズイロという名前も言いえて妙である。また、ウスイロオナガシジミは渋めの紋様で和紙や墨の世界を感じる。所謂玄人好みの紋様であると思っている。ウスイロオナガは食樹の関係から生息地は限られる。両種とも開翅するとなかなかいい感じなのだが、まだ撮影できていない。 (各画像はクリックすると拡大表示します)


ミズイロオナガシジミ 初夏の雑木林を彩る1種である。個人的には「可愛い」蝶だと思っている。 ↓
f0211980_2139234.jpg


ウスイロオナガシジミ カシワやナラガシワを食樹とするため、ハヤシミドリやヒロオビミドリ・ウラジロミドリと混生することが多い。 ↓
f0211980_21393630.jpg


ウスイロオナガシジミ ↓
f0211980_21394686.jpg

[PR]
# by temenos | 2010-07-11 21:37 | 2010年 | Comments(2)