ぶらり探蝶記

季節の移ろい~新緑の定山渓~

5月30日 ジョウザンシジミ・アカマダラを求めて新緑の定山渓(豊平峡)を訪ねた。札幌市内は八重桜が満開、周辺の山々は雪崩落ちるような新緑がすがすがしく、山頂付近は残雪が美しい。定山渓に入るとエゾハルゼミの大合唱で、本州の人間にとっては残雪・桜・新緑・セミとなんとも季節感がわかない組合わせである。関東南部では3ヶ月かけて進む季節の歩みが北海道は一気にやってくる。春から初夏にかけて、たくさんの生命が爆発したような感じである。1週間ほど前の情報であるが、林道入り口にはヒグマ出没注意の立て札書きがあり、一人で山に入ることもあって少し緊張がはしる。林道沿いはエゾスジグロシロチョウ・クジャクチョウ・シータテハが多い。前方から飛来した小さな赤い蝶、アカマダラである。ベニシジミと見間違うほど小さい。残念ながらすばやく渓谷へ飛び去られて撮影できず。キバリタテハ・コツバメと撮影するが、5月末でコツバメである。しかし、北海道では普通のことらしい。エゾハルゼミの合唱の中でのコツバメの撮影とはなんとなくしっくりこない。ヒグマを気にしながらジョウザンシジミを探したが発見できなかった。途中、羽化直後のエゾハルゼミを発見、撮影する。 (各画像はクリックすると拡大します。)

キベリタテハ  林道上を滑るように滑空し、日光浴していた。 ↓
f0211980_174281.jpg


コツバメ  林道の一角で3頭がテリ張りを行っていた。↓
f0211980_1744381.jpg


エゾハルゼミ  関東南部では6月中旬から鳴いていたように記憶している。羽化直後の♀と抜け殻。↓
f0211980_1745830.jpg


シラカバの新緑  青空と新緑とセミの不思議な組み合わせ。↓
f0211980_1752113.jpg

[PR]
# by temenos | 2010-05-30 17:09 | 2010年 | Comments(2)

春の円山公園~シロチョウ科2種~

5月23日 天候もよくジョウザンシジミやアカマダラの撮影にでかけようと思ったが、前日のアポイ登山の筋肉痛と家族の白い目が気になって躊躇。しかたなく午前中に家庭の所用をすませて、円山公園へ散策に出かけた。公園内を飛んでいる大きめの白い蝶はほとんどがオオモンシロチョウだと思われる。ツマキチョウの♀のように小さく、せわしなく羽ばたいて飛んでいるのはエゾスジグロシロチョウ。もっとも自分にはスジグロシロチョウとエゾスジグロシロチョウの正確な判別はできないので、小さなのはエゾスジグロと勝手に判定しているだけ。ただ、本州で見ていたスジグロシロチョウとは明らかに大きさが異なる。栗山ファーブルの森で見たときも、最初はツマキチョウの♀と思って追いかけた。公園内ではルリシジミ、エルタテハ、シータテハを見る。 (各画像はクリックすると拡大表示します。)

オオモンシロチョウ♂  前表翅の黒斑がモンシロチョウとは大きく異なる。↓
f0211980_20321535.jpg


オオモンシロチョウ  後翅裏面はモンシロチョウと比べると黒点が多く薄汚れた感じを受ける。↓
f0211980_20322968.jpg


エゾスジグロシロチョウ  北海道産の本種春型は小型との記載があるが、実際ツマキチョウと間違うくらい小さい。↓ 
f0211980_20324181.jpg

[PR]
# by temenos | 2010-05-23 20:32 | 2010年 | Comments(4)

北海道特産種~アポイ岳のヒメチャマダラセセリ~

5月22日 この春の大きな目標であったヒメチャマダラセセリの撮影に行ってきました。天気予報はあまり芳しくなく、札幌を出るときも今にも降り出しそうな曇りであったが、日頃の・・・を信じてダメモトで出発。片道3時間半の道中も濃霧と霧雨で、こりゃだめかなと思いながらも山麓に到着するが、案の定山麓もガスに包まれている。ビジターセンターで問い合わせるとヒメチャマダラセセリの発生の報告はきていないとの事。とりあえず、山頂に向けて登山開始し、尾根筋にでるとガスが消え、青空が!そして早速足元を飛ぶハエのようなヒメチャマダラセセリを発見。ホシチャバネセセリのように小さく、地味。飛び回ると地色と枯れ草等の色合いで簡単にロストしてしまう。しかし気温がそんなに高くないのと時折かかるガスの影響でよく止まってくれる。山頂を目前にしながら、登頂への執着は全く無くなり、尾根筋を行ったりきたりして100カット以上撮影。ヒメチャマダラセセリと同じくアポイ岳固有種のサマニユキワリでの吸蜜シーンを撮影したかったが、撮影できる範囲では吸蜜してくれず残念でした。下山後にアポイ山荘でゆっくり日帰り入浴していたら、快晴になっていた。往復7時間の運転と久しぶりの登山は結構こたえたが、目的も達成し心地よい疲れである。 (各画像はクリックすると拡大表示します。)

ヒメチャマダラセセリとサマニユキワリ 吸蜜シーンを撮りたかったが、とりあえずツーショット。↓
f0211980_2133062.jpg


ヒメチャマダラセセリ  枯れ草で開翅。どの個体も新鮮であった。↓
f0211980_21331398.jpg


ヒメチャマダラセセリ  こちらは路上で開翅。登山道上で多くが開翅していたが、ほとんどの登山者はこの小さな蛾のような蝶には気づかないし、気づいても目もくれない。しかし、この蝶は日本ではここにしかいない。↓
f0211980_21333077.jpg


ヒメチャマダラセセリ  角度を変えて撮影。閉翅シーンは撮影できずというか一回も閉翅しなかった。↓
f0211980_21334347.jpg


アポイ岳固有種 サマニユキワリ 尾根筋にでるとたくさん咲いていた。↓
f0211980_21321183.jpg

[PR]
# by temenos | 2010-05-22 21:40 | 2010年 | Comments(5)