ぶらり探蝶記

彼岸に命を繋ぐ

9月23日 3年ぶりに横浜市郊外の四季の森を訪れる。目的は彼岸花に来るクロ系アゲハとメスグロヒョウモンの産卵シーンの撮影。曇ったり晴れたりの天候、晴れると暑い。林内ではツクツクホウシが盛んに鳴いている。少ないながらアブラゼミやミンミンゼミの鳴き声も聞こえる。彼岸花の咲く池の畔にくると、早速クロ系アゲハが飛んでいる。ボロボロのカラスアゲハとモンキアゲハ、彼岸花よりシロバナマンジュシャゲのほうがお好みらしい。ナガサキアゲハ♂やキアゲハもやってきたが、一番の目的であるナガサキアゲハ♀は現れず。イチモンジセセリ、ツバメシジミ多い。林縁のコスモスと林内の咲き残りのアザミにメスグロヒョウモンが群れているが、♂ばかり。ぐるっと公園内を一回りして、池の畔に戻るとアカボシゴマダラが舞っていた。シロバナマンジュシャゲでの吸蜜を見る。再度、林内に入っていくとクヌギの高木、地上6m以上の高所の苔むした枝に産卵するメスグロヒョウモンを発見する。3年前も同様のシーンを撮影しているが、あんな高いところに産んで、孵化した初齢幼虫の苦労を想いはかってしまった。過去オオウラギンスジヒョウモンの産卵を観察した時、食草に関係なく地面近くに適当に産卵していくのを見て、随分無責任な産卵だと思ったが、まだオオウラギンスジヒョウモンの方がなんぼかましに思える。林内では数頭のメスグロヒョウモンが産卵行動をとっており、たまに地面や葉に止まり休息する。散策路脇で産卵するサトキマダラヒカゲを見る。奥まったササの葉裏に丁寧に産み付けていた。エノキの幼木にはアカボシゴマダラの初齢幼虫が多い。このほか、見かけた蝶はツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメアカタテハ、ヒカゲチョウ、ヒメジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、キタキチョウ。

モンキアゲハ
f0211980_21404080.jpg
f0211980_21404901.jpg
ナガサキアゲハ
f0211980_21410864.jpg
アカボシゴマダラ
f0211980_21412150.jpg
f0211980_21413185.jpg
f0211980_21414123.jpg
メスグロヒョウモン
f0211980_21415767.jpg
f0211980_21420620.jpg
f0211980_21421923.jpg
f0211980_21422923.jpg
ツマグロヒョウモン
f0211980_21423976.jpg
サトキマダラヒカゲ
f0211980_21425767.jpg
イチモンジセセリ

f0211980_21430446.jpg
ヒカゲチョウ
f0211980_21431153.jpg
















[PR]
# by temenos | 2018-09-23 21:50 | 2018年 | Comments(0)

都市の森

9月9日 アカボシゴマダラを撮影したくなり、横浜在住時に慣れ親しんだ都筑中央公園を訪れる。ニュータウンの真ん中に計画的に残された里山の情景を色濃く残す都市公園である。初夏にはアカシジミやウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミなども飛び交い、小さな水田脇のジュズダマではクロコノマチョウも発生する。クロ系アゲハなども多く里山の蝶にとってはまさに都会の楽園といったところであろう。日差しは強いが、林内に吹く風は心地よい。11時前から公園内をくまなく探すも、お目当てのアカボシゴマダラは2頭見かけたのみ。一旦、昼食休憩を取った後、再度チャレンジ。2時半くらいから、何処にいたのか多くのアカボシゴマダラが活動を始める。♂は探雌飛行に忙しく止まらない。散策路脇に沢山あったエノキの幼木はことごとく切り払われていたため産卵行動は確認できず。コナラの樹液に来ていた♀、これにアタックする♂を撮影する。ゴマダラチョウは一頭みかけたのみであった。ルリタテハは夏型の♂と、羽化直後の秋型の♀を見る、白線の太さ、白さが歴然と違い面白い。

アカボシゴマダラ
f0211980_21271101.jpg
f0211980_21271709.jpg
f0211980_21272812.jpg
f0211980_21273476.jpg
f0211980_21272273.jpg
f0211980_21270299.jpg
f0211980_21274064.jpg
ゴマダラチョウ
f0211980_21274693.jpg
ルリタテハ夏型♂
f0211980_21275248.jpg
ルリタテハ秋型♀
f0211980_21275967.jpg
サトキマダラヒカゲ
f0211980_21280833.jpg
ナミアゲハ
f0211980_21281702.jpg
キタキチョウ
f0211980_21282606.jpg
ムラサキシジミ♀
f0211980_21285374.jpg






[PR]
# by temenos | 2018-09-10 21:36 | 2018年 | Comments(0)

rendezvous with the monn

同じ空を飛ぶものでも、自然の蝶と離れて、全くの人工物の飛行機の写真。自宅東側上空は県営名古屋空港(小牧空港)の34滑走路(RW34)に着陸する航空機のファイナルアプローチのラインであり、小牧空港に着陸する多種多様な航空機が撮影できる。民間ではフジドリームエアライン(FDA)のカラフルな機体ERJ-170/175、中日本航空の各種機体、航空自衛隊では小牧基地所属の輸送機C-130H、空中給油機KC-767、救難捜索機U-125、他の基地所属の中等練習機T-4(ブルーインパルス使用機体)、輸送機C-1、空中警戒機E-2C、E-767、岐阜基地所属の各種テスト機(ちょっとマニアック)、海上自衛隊の対潜哨戒P-3C、P-1、そして三菱重工小牧工場で定期整備(IRAN)を行う航空自衛隊の戦闘機F-15J/DJ、F-2A/B、F-4EJ/EJ改、偵察機RF-4E/EJなどなど。月が東の空に昇り始める頃、タイミングが合えば飛行機とのランデブー写真が撮れる。条件としては、晴れていること、月が東側の低高度にあるときに着陸する航空機があること、着陸にRW34を使用する北寄りの風が吹いていることなどチャンスは多くない。コーヒーブレイクとして掲載してみますので、興味ある方はご覧ください。


救難捜索機U-125
f0211980_19173378.jpg
f0211980_19174378.jpg
C-130H(イラク派遣時塗装のまま)
f0211980_19182174.jpg
離陸したKC-767
f0211980_19183365.jpg
中日本航空の機体
f0211980_19184350.jpg
f0211980_19412327.jpg
FDAの各種機体
f0211980_19413996.jpg
f0211980_19414620.jpg
f0211980_19415403.jpg
f0211980_19420405.jpg
f0211980_19421170.jpg
f0211980_19421908.jpg
f0211980_19431172.jpg
F-15J 戦闘機は360度オーバヘッドアプローチで着陸することが多いため、自宅北側上空でブレイクしていく。
f0211980_19432244.jpg
F-2B この機体はオーバヘッドアプローチすることなく通常のランディング
f0211980_19433204.jpg
KC-767
f0211980_19433910.jpg
日が暮れてから手持ちで撮影した月
f0211980_19434405.jpg







[PR]
# by temenos | 2018-09-08 19:59 | 2018年 | Comments(0)