ぶらり探蝶記

緑と朱

5月25日 早朝から知多半島のハンノキ林に向かう。露の降りたハンノキ林を見て回る。放棄田にハンノキが侵入しだすとあっという間にハンノキ林になってしまう。2年前から耕作されなくなった水田にもハンノキの幼木が沢山生えている。さて、ミドリシジミは出始めだろうとハンノキを叩いてみる。なかなか何も飛び出さず、未発生かと思いかけたころ、ようやく2頭が下草に降りる。陽が差し込み始めると2頭とも開翅を始める。いつ見ても息をのむ瞬間である。ミドリシジミ♂の翅表は、まさに「緑」の名にふさわしく、最も緑色に輝く。2頭の美しい開翅を撮影していると、何処にいたのか次から次へとミドリシジミが飛来し、あちこちで開翅ショーが始まっている。未発生どころか、既に沢山発生しているようだ。しかしながら、♂ばかりで♀は全く見かけない。脚立に乗って撮影中、「緑」が綺麗に出る角度を探して体を捻ったところ、体制を崩して脚立もろともひっくり返る。下が水田跡地で怪我はなかったが、体とカメラが泥まみれになり少々へこむ。その後、豊田市、瀬戸市とまわるが目ぼしい成果なく、アカシジミ、ウラナミアカシジミを撮影して撤収した。

ミドリシジミ
f0211980_21130974.jpg
f0211980_21132778.jpg
f0211980_21133611.jpg
f0211980_21134474.jpg
f0211980_21135528.jpg
f0211980_21140424.jpg
f0211980_21171729.jpg
f0211980_21141351.jpg
アカシジミ
f0211980_21142444.jpg
f0211980_21143136.jpg
f0211980_21143894.jpg
ウラナミアカシジミ
f0211980_21144534.jpg
クロヒカゲ
f0211980_21145242.jpg
ヒカゲチョウ                 
f0211980_21150019.jpg








[PR]
# by temenos | 2018-05-25 21:22 | 2018年 | Comments(0)

秘境の珍蝶

5月20日 前日は仲間と愛知県のクロコムラサキ、ミカドアゲハ撮影に行き、その足で南信に向かい現地泊。20日は早朝から再度クモツキの撮影に向かう。朝一にハタザオでV字開翅しているクモツキに気付くのが遅く、踏み込んで飛び立たれ、その後は目ぼしいチャンスはなし。気温が低く、ポイントでは雲が湧き天候が安定しないため、クモツキは諦め、ベニモンカラスシジミの撮影に向かう。標高を下げると晴れ間が多くなる。ポイントについてすぐに、友人がベニモンカラスシジミを発見する。本種を初めて見た中国山地の生息環境との違いに驚く。その後は、数頭の個体のテリ張りを観察する。林内の木漏れ日が入る場所でテリを張り、同種のみならずダイミョウセセリやイチモンジチョウにもスクランブルをかける。一定の時間が過ぎれば、同時に日陰のウツギに吸蜜に来る。そしてまた、同時にテリを張り始める。このような活動を繰り返しているように感じた。当地に多い紋流れ個体もいたが、どちらかというと流れ気味?といった感じか。日当たりのよいウツギにはウスバシロチョウ、アサマイチモンジ、イチモンジチョウ、サカハチチョウ、ヒメキマダラセセリ、ダイミョウセセリが多い。アオバセセリ、クモガタヒョウモンを見る。

ベニモンカラスシジミ
f0211980_14161844.jpg
f0211980_14164951.jpg
f0211980_14164245.jpg
白線が流れ気味の個体
f0211980_14185210.jpg
f0211980_14190248.jpg
f0211980_14191169.jpg
f0211980_14192664.jpg
f0211980_14194018.jpg
f0211980_14194743.jpg
体を横倒しにして日光を受ける。
f0211980_14204532.jpg
起き上がりスクランブル体制をとる。
f0211980_14205341.jpg
飛び立った瞬間
f0211980_14253078.jpg
クモガタヒョウモン
f0211980_14254485.jpg
f0211980_14255148.jpg
アサマイチモンジ
f0211980_14255804.jpg
イチモンジチョウ
f0211980_14260403.jpg


[PR]
# by temenos | 2018-05-21 14:31 | 2018年 | Comments(2)

河畔林のコムラサキ

5月16日 風も収まり暑くなりそうな一日、14日と同じヤナギの河畔林を訪れる。本日は2日前に比較して、倍以上の数のコムラサキを確認する。しかしながら、例年よりはかなり少ない。このエリアの黒色型の発現比率は30%程度、個体数が少ないと当然、撮影機会も少なくなる。それでも最初に撮影できたのが黒色型であったのはラッキーだった。しかし後が続かない。例年だと、黒色型同士のバトルも見られるのだが、今日は一回もなし。感覚的に今日の黒色型比率は20%以下のように感じた。ヤナギの木を丹念に見て回り、樹液酒場を見つけることができたのは収穫であった。

コムラサキ(黒色型)
f0211980_14451082.jpg
f0211980_14452160.jpg
コムラサキ(褐色型)
f0211980_14453349.jpg
f0211980_14454462.jpg

f0211980_14455484.jpg

f0211980_14460283.jpg

f0211980_14461447.jpg

f0211980_14462220.jpg
キタテハとコムラサキ
f0211980_14540066.jpg

モンシロチョウ
f0211980_14462937.jpg




[PR]
# by temenos | 2018-05-17 14:49 | 2018年 | Comments(0)