人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ぶらり探蝶記

小春日和

11月3日、6日、7日 小春日和の祝日と休日にコンデジをポケットに入れて、名古屋市北東部の農業公園と自宅近くの河川敷を散策する。農業公園での目的はリンゴや柿、焼き芋などの購入にあるのだが、ここは晩秋になるとツマグロキチョウに出会える場所でもある。年によってはキタキチョウよりツマグロキチョウのほうが多い。今年はキタキチョウばかりで、ようやく1頭のツマグロキチョウを見つける。地面近くばかりに止まって撮影しにくい。近くの河川敷で、自宅側(左岸)でムシャクロツバメシジミが発生しているのを見つけた場所から、上下流5Kmにわたってムシャクロツバメシジミの分布状況を調べる。上流側では、ツルマンネングサも繁茂しておらず、したがって全く発見できず。下流ではところどころツルマンネングサの群落があり、2か所でムシャクロツバメシジミを確認する。そのまま河川敷を下っていくと、最初にムシャクロツバメシジミが発見された新川河川敷に合流することから、河川敷を伝って上流側に拡散してきたことが想定できる。調査はしていないが、おそらく右岸側にも発生個所があるに違いない。草刈りの手入れがされた河川敷ではトノサマバッタが飛び回り、キタキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、キタテハ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョモンが多い。ウラナミシジミはボロの♀ばかり、スレスレのチャバネセセリを見るが、イチモンジセセリは全く見かけず。なんと新鮮なゴマダラチョウを見る。11月に入ってゴマダラチョウを見たのは初めてである。名鉄の線路脇でカワラケツメイの群落を見つけたが、さすがにここではツマグロキチョウの発生はないようだ。

ツマグロキチョウ
小春日和_f0211980_23041704.jpg
小春日和_f0211980_23042801.jpg
小春日和_f0211980_23043496.jpg
キタキチョウ
小春日和_f0211980_23050563.jpg
ムシャクロツバメシジミ
小春日和_f0211980_23052213.jpg
小春日和_f0211980_23053141.jpg
ヤマトシジミ
小春日和_f0211980_23054466.jpg
ベニシジミ
小春日和_f0211980_23055528.jpg
ヒメアカタテハ
小春日和_f0211980_23082055.jpg
キタテハ
小春日和_f0211980_23083015.jpg
チャバネセセリ
小春日和_f0211980_23084057.jpg
モンシロチョウ
小春日和_f0211980_23084711.jpg
小春日和_f0211980_23085424.jpg

# by temenos | 2021-11-08 23:10 | 2021年 | Comments(0)

冠雪富士と蝶

10月24日 ここ一週間の冷え込みで、富士山も白銀の頂になった。昨年同様、電車とバスを乗り継いで、三浦半島に「冠雪富士と蝶」の写真を撮りに行く。朝はかなり冷え込んだので、クロマダラソテツシジミは富士山の見えないソテツの実か根元で翅を開くだけ。10時を過ぎると急激に気温が上がり、活発に飛び回るようになる。こうなると、富士山が望めるソテツ(新芽をつけていない)には、全く飛来しなくなる。ようやく一頭が、なんとか富士山が望める場所に止まったが、富士山を入れ込むには蝶が小さくなってしまう。さらにタイミング悪く、富士山の西側に薄雲が広がり、富士山にも雲がかかって、何だかわけのわからない写真しか撮れない。あと20㎝上に止まってくれれば何とかなるのに…。結局、富士山バックは諦めて、♂の卍飛翔を狙うことにする。クロマダラソテツシジミはスレが多く、新鮮な個体は一頭のみ。♀は全く見かけなかった。幼虫もここ数日の冷え込みで動きが鈍く、蛹化までは無理かもしれない。この場所は、目で見る限りは素晴らしい場所なんだが、富士山バックの写真は富士山が遠すぎることもあって難易度が高い。

クロマダラソテツシジミ
冠雪富士と蝶_f0211980_20380682.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20381829.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20382826.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20383864.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20385291.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20390370.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20391480.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20392282.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20393088.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20393832.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20394753.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20395747.jpg
冠雪富士と蝶_f0211980_20400527.jpg
ウラナミシジミ
冠雪富士と蝶_f0211980_20401527.jpg
キタテハ
冠雪富士と蝶_f0211980_20402631.jpg
相模湾と富士山
冠雪富士と蝶_f0211980_20403422.jpg


# by temenos | 2021-10-24 20:44 | 2021年 | Comments(0)

思い立ったが吉日 4/4

今回、最も蝶が集まっていたのは、咲き始めのカラスザンショウ。アゲハ類、マダラ類は夥しい数が舞う。これにタテハ類やセセリ類が加わる。何故かシロチョウ類は、この花ではほとんど見かけなかった。林縁から林内まで、早朝から夕方までイワサキゼミの大合唱に包まれる。ツクツクホウシに似た緑色の綺麗なセミであるが、鳴き声はハルゼミとヒメハルゼミを足して割ったような、いわゆる蛙声。直上3mを悠々と飛ぶヤエヤマオオコウモリを見る。林道をヤエヤマセマルハコガメが慌てて横切っていく。撮影はできなかったが鮮やかな緑色のサキシマカナヘビを石垣では初めて見た。蝶だけではなく、様々な生き物にも心躍る。未踏の与那国島を含めて、次はいつ来ようか?まだまだワクワクが止まらない。

ミカドアゲハ 黄白色型、いわゆるクリームミカド。八重山のミカドは青みが鮮やかでとても美しいが、これはこれで美しい。
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_16592092.jpg
ミカドアゲハ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_16592920.jpg
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_16594020.jpg
ベニモンアゲハ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_23205060.jpg
シロオビアゲハ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_16595883.jpg

ヤエヤマカラスアゲハ 3月に来た時に沢山撮ったせいか、あまり撮影意欲が湧かず、この程度の写真だけ。
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17000838.jpg
ウスキシロチョウ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17002200.jpg
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17002937.jpg
ツマベニチョウ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_11053637.jpg
オキナワチョウトンボ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17004026.jpg
イワサキゼミ♂
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17005788.jpg
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17010453.jpg
イワサキゼミ♀
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17011210.jpg
ヤエヤマセマルハコガメ
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17012369.jpg
西表遠景
思い立ったが吉日 4/4_f0211980_17013159.jpg

# by temenos | 2021-10-17 17:16 | 2021年 | Comments(4)