ぶらり探蝶記

女神と戯れる

4月10日 天候良く、近郊の低山へ登る。日頃の運動不足のせいで、標高わずか400m強の山でも結構足にこたえる。山頂までの単調な登山道では、少ないながらスズカカンアオイを見かける。山頂では、目論見通りギフチョウがテリ張りを行っている。この山頂に来ていた個体は、識別できただけで4頭ほど。発生から10日以上経過しているので、さすがにスレ個体ばかり。追尾、静止、ミツバツツジでの吸蜜を繰り返し行う。平日でゆっくり撮影できると思っていたが、次から次へと登山者が途切れることなく、山頂は大賑わい。人の流れの合間に撮影する。ギフチョウ以外ではコツバメ、キアゲハ、ミヤマカラスアゲハを見る。キアゲハもミヤマカラスアゲハも尾状突起を失った破損個体であった。


ギフチョウ
f0211980_10362349.jpg
f0211980_10361240.jpg
f0211980_10360107.jpg
f0211980_10355356.jpg
f0211980_10354394.jpg
f0211980_10353401.jpg
f0211980_10352298.jpg
f0211980_10351313.jpg
f0211980_10350269.jpg
f0211980_10344614.jpg
f0211980_10341182.jpg
f0211980_10335541.jpg
f0211980_10342862.jpg



[PR]
by temenos | 2018-04-11 10:41 | 2018年 | Comments(0)