ぶらり探蝶記

躑躅の花と

4月23日 瀬戸から春日井にかけての近郊の山裾にクロ系アゲハを探してみる。谷筋や神社など躑躅が植栽されているであろうと思う箇所を3か所巡る。1か所目、躑躅は多いがカラスアゲハとオナガアゲハを見かけたのみ、吸蜜にもこないので場所を変える。2か所目、紅葉で有名な場所。予想に反して躑躅がほとんどない。わずかにある躑躅の周囲をオナガアゲハとジャコウアゲハが舞う。トラフシジミも時折現れる。コツバメはボロボロ、コミスジ初見。オナガアゲハを撮影後、1か所目に引き返すも状況変わらず早々に三か所目に向かう。ナビを頼りに山裾の神社に行ってみる。躑躅はまとまって咲いているが、訪れる蝶は少ない。ジャコウアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハが時折来るだけ。新鮮なジャコウアゲハの♀だけが、長い時間吸蜜に来てくれた。しかしながら、日陰のため光量不足で飛翔写真はブレブレのボツを大量生産したのみ。写真は不満足だが、いろいろ想像を働かして、新しいポイントを探すのは楽しい作業であった。

オナガアゲハ
f0211980_21303587.jpg
f0211980_21304945.jpg
f0211980_21310348.jpg
f0211980_21311827.jpg
ジャコウアゲハ
f0211980_21313895.jpg
f0211980_21314732.jpg
f0211980_21315650.jpg
f0211980_21320539.jpg
コツバメ
f0211980_21390659.jpg



[PR]
by temenos | 2018-04-24 21:35 | 2018年 | Comments(0)