ぶらり探蝶記

Jay & Blue botlle

5月14日 週末に友人を案内することもあって、西三河のクロコムラサキの状況を確認しに行く。コムラサキは発生はしているが、吹き荒れる強風のせいなのか、発生初期のためなのかわからないが、見かける個体数が非常に少ない。2時間ほど観察して、確認できたのは4頭のみ。当然、シャッターチャンスはない。ヤナギの木を見上げている横を、イタチがチョコチョコと通り過ぎていく。後日再度確認に来ることにして、知多半島のミカドアゲハを見に行く。GWには発生していたようなので、鮮度はどうか?到着時にミカンで吸蜜する3頭を撮影したが、やはりくたびれた個体が多い。社寺林の高所を飛び回っているのだが、その後は吸蜜には降りてこずに時間切れ。今年のミカドアゲハは早くも末期のようである。チャバネセセリ、ヒメジャノメ初見。

ミカドアゲハ
f0211980_21103416.jpg
f0211980_21105344.jpg
f0211980_21104469.jpg
f0211980_21101704.jpg
アオスジアゲハ
f0211980_21100728.jpg
f0211980_21110848.jpg
f0211980_21111570.jpg
ルリシジミ
f0211980_21095533.jpg
ヒメジャノメ
f0211980_21094741.jpg
チャバネセセリ
f0211980_21093990.jpg
イタチ
f0211980_21090573.jpg





[PR]
by temenos | 2018-05-14 21:17 | 2018年 | Comments(0)