ぶらり探蝶記

河畔林のコムラサキ

5月16日 風も収まり暑くなりそうな一日、14日と同じヤナギの河畔林を訪れる。本日は2日前に比較して、倍以上の数のコムラサキを確認する。しかしながら、例年よりはかなり少ない。このエリアの黒色型の発現比率は30%程度、個体数が少ないと当然、撮影機会も少なくなる。それでも最初に撮影できたのが黒色型であったのはラッキーだった。しかし後が続かない。例年だと、黒色型同士のバトルも見られるのだが、今日は一回もなし。感覚的に今日の黒色型比率は20%以下のように感じた。ヤナギの木を丹念に見て回り、樹液酒場を見つけることができたのは収穫であった。

コムラサキ(黒色型)
f0211980_14451082.jpg
f0211980_14452160.jpg
コムラサキ(褐色型)
f0211980_14453349.jpg
f0211980_14454462.jpg

f0211980_14455484.jpg

f0211980_14460283.jpg

f0211980_14461447.jpg

f0211980_14462220.jpg
キタテハとコムラサキ
f0211980_14540066.jpg

モンシロチョウ
f0211980_14462937.jpg




[PR]
by temenos | 2018-05-17 14:49 | 2018年 | Comments(0)