ぶらり探蝶記

6月ラベルのオナガシジミ

6月28日 昨日から山梨・松本へ出張、本日アポ時間までの空いた時間にミヤマカラスシジミの様子を見にいく。スケジュールを組んだのは自分自身だから、2時間ほど時間を空けたのも確信犯であり、カメラを持って来ていることもその裏付けである。さて、2時間ほど空けた?時間に訪ねてみると、駐車場からオオムラサキが飛んでいるのが見える。ミヤマカラスシジミは盛期のようで、灌木の上で盛んにテリ張りを行っている。オオムラサキも盛期、平年より10日ほど早い状況。キバネセセリ、シータテハの夏型を見る。草原にはジャノメチョウが多いが♂ばかり、ジャノメチョウは発生初期のようだ。メスグロヒョウモンの♂が手洗い場の乾いた床に固執し、何かを吸汁している。よくみると前翅表先端の黒斑が少なく、やや斑紋異常気味。後から来られた方とオナガシジミは流石に早いだろうと話した後、オオムラサキを観察していると、オナガシジミがいるよ!と教えていただく。羽化直後なのだろう、新鮮な個体が開翅している。6月中に既に発生しているとは驚きである。オニグルミの周辺をくまなく探すも、この個体以外は見かけない。帰り際に公衆トイレの乾ききったアルミサッシの窓枠から吸汁するオオムラサキを撮影する。天候はパッとしなかったが、結構濃密な時間であった。

オナガシジミ
f0211980_12502719.jpg
f0211980_12503524.jpg
ミヤマカラスシジミ
f0211980_12495474.jpg
f0211980_12500344.jpg
f0211980_12501299.jpg
ミヤマカラスアゲハ
f0211980_12514980.jpg
左側にミヤマカラスシジミが2頭吸蜜している。
f0211980_12520447.jpg
キバネセセリ
f0211980_12511471.jpg
f0211980_12512214.jpg
シータテハ
f0211980_12512934.jpg
ジャノメチョウ
f0211980_12513702.jpg
メスグロヒョウモン
f0211980_12521672.jpg
f0211980_12522807.jpg
オオムラサキ
ミヤマカラスジジミやミヤマカラスアゲハと同じ木で吸蜜している。オオムラサキの花での吸蜜は初めて見た。
f0211980_12504504.jpg
f0211980_12505580.jpg
f0211980_12510103.jpg











[PR]
by temenos | 2018-06-29 13:00 | 2018年 | Comments(0)