ぶらり探蝶記

見果てぬ夢

7月22日 朝一番の新幹線で静岡県へ向かう。前日から現地入りしている友人と合流し、いざキリシマミドリへ。天候は晴れたり曇ったりか?標高を上げると気流の関係で雲が多くなる。最初のポイント着、時間が早いせいか何も飛んでいない。アカガシの叩き出しでも飛び出さず。午後からがよいとの事前情報があったこともあり、早々に2か所目へ転戦。いつも行く鈴鹿のポイントとよく似た環境。アカガシの叩き出しで、早速♂が飛び出すも開翅しない。もっとも見上げる位置なので、開翅してもお手上げであろう。♀も飛び出し、アカガシの葉の付け根で盛んに吸汁している。そうこうしているうちに、♂が活動を始め、最多で4頭が現れる。目前1mを白銀とエメラルドグリーンの光沢のパッシングを見せながら飛び去る。その美しさ、飛翔スピードの素晴らしさ、まさに至高の空飛ぶ宝石である。しかし、降りてこない、止まらない。飛翔を狙うもスピードが速くてフレームアウト頻発。12時を過ぎて最初のポイントに戻るも、ほとんど活動しておらず、再び第2のポイントに取って返す。このころからガスがたちこみ始め、活動も弱くなる。叩き出しで、♂♀1頭づつ飛び出すが、アカガシの一定の枝先に固執して離れない。吸汁のためであろうか、興味深い行動であった。その後、高標高地はドン曇りとなり撤収する。今回も♂の開翅の撮影は叶わず、難敵に連敗を続けてしまう。何時になったら・・・、どうすれば・・・、何処へ行けば・・・である。

キリシマミドリシジミ♂
f0211980_21130597.jpg
f0211980_21131785.jpg
f0211980_21132668.jpg
キリシマミドリシジミ♀
f0211980_21133725.jpg
f0211980_21134765.jpg
f0211980_21135759.jpg





[PR]
by temenos | 2018-07-22 21:16 | 2018年 | Comments(0)