ぶらり探蝶記

姫の舞

8月25日 仕事で富士吉田に行ったとき、道路脇をヒラヒラ飛ぶヒメシロチョウを発見、車を止めて急遽撮影する。シンプルな黒斑だけを持ち、弱弱しく飛ぶ華奢なこの蝶は、まさに純白の衣装を着たかよわい姫様が舞っている様である。しかし、その弱弱しさとはうらはらに、ずっと飛び続ける体力も持ち合わせている。時間がないので、止まるのを待つわけに行かず、短時間で飛翔中心の撮影を行い仕事に向かう。思えば、ずっと中断していた蝶の観察を再開し、生態撮影というよりディープな世界に漬かりきることになったきっかけはこの蝶である。しかし、おかげで沢山の方々と知り合うこともでき、それは自分にとっても大きな財産となっている。か弱き姫様に感謝である。

ヒメシロチョウ
f0211980_20004956.jpg
f0211980_20011031.jpg
f0211980_20012608.jpg
f0211980_20014181.jpg
f0211980_20015307.jpg
f0211980_20020202.jpg
f0211980_20021057.jpg
f0211980_20021771.jpg
f0211980_20022653.jpg
f0211980_20023269.jpg
f0211980_20024193.jpg




[PR]
by temenos | 2018-08-25 20:05 | 2018年 | Comments(0)