ぶらり探蝶記

秋の気配

8月26日 暑すぎる東京を抜け出し、友人と中信の高原に向かう。標高1800mから2000mにかけての高原は別天地。スキー場のゲレンデや高層湿原にはヒヨドリバナやキリンソウ、マツムシソウなど秋の花が咲き乱れ、多くの蝶が逝く夏を惜しむかのように乱れ飛ぶ。特にベニヒカゲは多い、この一帯にどれくらい生息しているのだろうか。クジャクチョウもここでは沢山見かける。新鮮なクジャクチョウはハッとするような艶やかさである。ウラギンヒョウモン、ミドリヒョウモン、シータテハ秋型、ヒメキマダラヒカゲを見る。オオチャバネセセリ、スジグロチャバネセセリは大ボロばかり。ピークでは、キアゲハがテリを張っていたが、期待したキベリタテハは一頭も見かけず。下山して東京に戻ると、やはりうだるような暑さに辟易する。

ベニヒカゲ
f0211980_23045485.jpg
f0211980_23050671.jpg
f0211980_23051737.jpg
f0211980_23052840.jpg
f0211980_23054092.jpg
f0211980_23055657.jpg
f0211980_23060532.jpg

クジャクチョウ
f0211980_23061784.jpg
f0211980_23062802.jpg
f0211980_23063660.jpg
f0211980_23064791.jpg
f0211980_23065565.jpg

ウラギンヒョウモン
f0211980_23070440.jpg
チョウゲンボウ
f0211980_23071121.jpg

ヒトリガ
f0211980_23071881.jpg








[PR]
by temenos | 2018-08-26 23:13 | 2018年 | Comments(0)